インターハイ女子注目選手(1)福王伶奈(桜花学園)「順調に成長する未来の日本代表」(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

7月27日から8月1日にかけて香川県で行われる「令和4年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会(インターハイ)」。熱戦が期待される夏の祭典の開幕を前に、バスケットボールキングでは大会で活躍が期待される注目選手をピックアップした。

■女子注目選手(1)福王伶奈(桜花学園)

「チームの優勝に貢献するには、一番はゴール下でシールをして点を取ることだと思うので、それをやり通して、ゴール下で支えられるようにしたいです」

 7月27日から始まる「令和4年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会(インターハイ)」に向けて意気込みを語ったのは、桜花学園高校(愛知県)の福王伶奈(2年)。192センチの高さを生かしたポストプレーやリバウンドなどが特長のセンターだ。それだけでなく、中学時代と変わらず速攻では先頭を走る走力も兼ね備えており、さらには「ブレイクからシールをしたときに相手がよろめくことがあって、ちょっと力がついてきたかなと思います」と、徐々にパワーアップした姿を見せている。

 そんな福王にとって「夢のようなひと時でした」というのが、トップの日本代表活動。高校生で唯一、女子日本代表候補選手に名を連ねた福王は、アンダーカテゴリーの日本代表活動との兼ね合いもあり、合わせて1週間ほどではあったが、日本のトップ選手たちとともに合宿に参加した。

「世界と試合をするにあたってはゴール下だけでなくてもっと幅広いプレーを身につけることが大切だと感じました」と、合宿での感想を語った福王。中でも、「練習から何本も決めているのを見て、『センターでもこんなに3ポイントシュートを決められるんだ』と思いました」と 桜花学園の先輩にもあたる髙田真希(デンソーアイリス)からは大きな刺激を受けたようだ。

 スキルやフィジカルなど、あらゆる面で伸び代の多い選手。福王自身も「今まではゴール下で海外の選手と対等に渡り合える選手を目指していたけれど、今はゴール下だけでなく、3ポイントシュートやドライブも身につけて、どんなところで戦っても相手センターを倒せるようになりたいと思っています」と抱く夢は大きい。

 世界のトッププレーヤーを目指して。そのためにも、まずは主軸として迎える今夏、自身の働きでインターハイ連覇を達成すことが使命となる。

文=田島早苗

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。