正代7連勝でカド番脱出…スタートダッシュ失敗から巻き返し「すごく…ホッとしています」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆大相撲 ▽名古屋場所12日目(21日・ドルフィンズアリーナ)

 大関・正代が勝ち越しを決め、カド番を脱出した。東前頭6枚目・碧山を押し出し。4度目のカド番を迎えた今場所は序盤の5日間は1勝4敗とスタートダッシュに失敗したが、6日目から7連勝と“V字回復”に成功した。横綱・照ノ富士は関脇・大栄翔を押し出し、西前頭2枚目・逸ノ城は同6枚目・翔猿を押し出して、ともに2敗でトップは譲らず。3敗で大関・貴景勝が追う展開となった。

 勝ち名乗りを受け、土俵から下りると、正代は心の底から安どしたような表情を浮かべた。4度目のカド番は、12日目で脱出。取組後のリモート取材では「今すごく…、ホッとしています」と大きく息を吐きながら、率直に胸中を明かした。

 碧山との一番は、相手の突っ張りをはねのけて前進。引きに前のめりになったが、そのまま体を預けて押し出した。前に出る意識を貫いての今場所8個目の白星。「よく足が出てくれた」と、うなずいた。

 前回のカド番だった春場所は、初日から4連敗するなど1勝5敗から巻き返して脱出。今場所も同様に序盤の5日間で1勝4敗とスタートダッシュに失敗した。負け越せば大関陥落という状況だけに「取組が終わって部屋に帰っても、どこか休まらない。ずっと相撲のことを気にしているような感じだった」と精神的にも追い詰められていた。

 その中でも自らと向き合った。「どうしても、もろ差しとかを警戒されている。しのがれて、悪くなるのが目立っていた。思い切り何か一つ、これをやろうというのを決めて取ろうと思った」と正代。踏み込んで、上体に角度をつけて当たるように心がけた。その結果、6日目からの7連勝と“V字回復”につなげた。

 ただ、給金は直したが大関という看板力士としては、優勝争いを引っ張る責務がある。八角理事長(元横綱・北勝海)も「初日からこういう相撲を見せてくれればね」と注文した。

 最近は成績不振で、横綱や大関戦が組まれないこともあった。だが、今場所は4敗と状況は厳しいが、優勝の可能性はゼロではない。1949年5月場所の15日制定着以降、12日目終了時で2差からの逆転Vは4例。ここ数場所とはひと味違う最終盤戦だ。正代は「勝ち越して上位戦が組まれるのは良かった。ちゃんと戦えている感覚。しっかり締めくくりたい」と気合を入れ直した。(三須 慶太)

コメントは受け付けていません。