馬場雄大、ウォリアーズのサマーリーグ2試合目は出場ナシ。レイカーズはピペン Jr.が活躍(月刊バスケットボール)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:月刊バスケットボール

カリフォルニア州サンフランシスコで開催されているNBAのサマーリーグ『2022カリフォルニアクラシック・サマーリーグ(2022 California Classic Summer League)』は日本時間7月4日(北米時間3日)に第2日目の2試合が行われた。
 馬場雄大が所属するゴールデンステイト・ウォリアーズはこの日、2試合目でロサンゼルス・レイカーズと対戦したが、馬場に出場機会はなかった。前日のサクラメント・キングス戦では、11分31秒の出場時間を得て、4得点、2リバウンドを記録していた。
 試合はレイカーズが100-77で勝利。ウォリアーズは白星なしの2敗という成績となった。ウォリアーズでは2年目のフォワード、モーゼス・ムーディーが19得点と5リバウンド。レイカーズでは、殿堂入りしているスコッティ・ピペンの息子、スコッティ・ピペンJr.が15得点、8アシストの活躍でチームをけん引した。またレイカーズには、チームのOBでもありピペン同様に殿堂入りを果たしているビッグセンター、シャキール・オニールの息子、シャリーフ・オニールも在籍しているが、この試合では出場機会はなかった。
 今大会は日本時間6日にも試合が組まれており、ウォリアーズはマイアミ・ヒートと対戦する予定になっている。

コメントは受け付けていません。