犬も猫も飼っているからこそ判るオシッコ格差…動物行動学の専門家に聞く「さて、どっちがクサイ?」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

イヌ派とネコ派。SNS上でも好みの分かれるところですが、どっち派も隔てなく癒されると大人気なのが、かもしか(@b09a2032c)さんのツイッター。シベリアンハスキーのユキちゃんと2匹の猫の何気ない日常動画が26万人超のフォロワーを日々ほんわかさせています。

 ユキちゃんと猫たちの、種別の垣根を超越した仲の良さに驚かされます。ユキちゃんが猫の頭にガブリと噛みつくのですが、もちろん甘噛み。猫パンチを浴びると困った顔をして逃げていきます。

 「実はユキはかなりやんちゃで昔は野生動物を噛み殺したこともありました。なので最初は目を離すことができなかったのですが、一緒に暮らしていくうちにその心配もなくなってきて、今ではなんの心配もせずお留守番させたりできます。一緒に過ごしていくうちに、ユキが猫たちのことを家族と認識しているような振る舞いがでてきてきたからかなと思います。一緒にご飯を食べ、一緒に寝るうちに信頼関係ができたと思います」

 本気で争えば圧倒的体格差でシベリアンハスキーが猫たちを制圧するのでしょうが、包容力の大きいユキちゃんは猫たちにあまりに寛容で、その姿がこんな時代を生きる我々の気持ちを温かくさせるのでしょう。

 そんな犬と猫ですが、かもしかさんによるとオシッコ臭には大きな差があるそうです。

 「うちでは猫は屋内の猫砂で、ユキは庭でトイレをしていますが、たしかに猫のほうが臭いがキツイなという印象があります。たまにユキが家の中で粗相しても掃除すればそれほど臭いませんが、猫たちがタオルなどに粗相すると臭いが取れず、捨てなきゃダメになることがありました」

 犬と猫が仲良く暮らしているからこそ判る、オシッコ格差。その理由を動物行動学が専門の摂南大学農学部助教・池田裕美先生に聞きました。

 -シベリアンハスキーのユキちゃんより、体の小さい猫のオシッコの方がクサイって不思議です

「はい。これには犬と猫の起源が関係しています」

-詳しく教えてもらえますか

「現在の家猫の祖先はリビアヤマネコとされています。リビアヤマネコは元々今の中東の砂漠に生息しており、クレオパトラが愛していたと言われるほど、古くから人々と近い存在でした。砂漠が起源の猫は、犬と比べて少ない水分で生活する特徴がありますが、それは砂漠という環境に適応する必要性から身に付いたものとされています。獲物で水分を補ったりしていたようです」

-犬の起源は中東ではない?

「犬の起源はオオカミであり、諸説ありますが現段階では砂漠地帯ではなく東アジアに生息していたと考えられています。」

 ―つまり水分のない環境で誕生した猫とオシッコの臭いが関係しているのですね

 「誕生起源から、猫は犬よりも少ない水分摂取で暮らしていく動物なんです。人間も含め動物は血液を通して体内の老廃物・不要物を腎臓で漉し出し、尿として体外に排出します。ですが、猫の場合少ない水分摂取量なので、濾過した後の水分を再吸収する必要があります。加えて、猫は尿中の排出されたタンパク質の量が他の動物よりも多いようです。この中の成分の一つが特にキツい臭いの成分であると報告されています。少ない水分にこのような老廃物が濃縮されるため臭いがキツくなるわけですね」

 -犬の場合はどうなのですか?

「逆に犬は猫より水分摂取が多く、多量の尿を排出するため老廃物の濃度は比例して薄くなります。また、濾し出されたタンパク質も再吸収されるため、猫と比べると尿中のタンパク質量は少ないです。犬と猫を一緒に飼っている人からは『猫のオシッコの方が臭いがきつい』という話を聞くのはそのためですね」

「猫も犬も同じように私たちの身近にいてくれる存在ですが、起源からみても身体の構造や特性が大きく異なることがわかります。とはいえ、たとえおしっこの臭いがキツくても、想像と違ったからと手放さず、かもしかさんのように愛情深い対応をしてくださる飼い主さんが増えると嬉しいですね」

 ◆池田裕美(いけだ・ひろみ) 摂南大学農学部応用生物科学科助教。1988年、熊本県出身。鹿児島大学農学部卒業、九州大学生物資源環境科学府資源生物科学専攻・博士課程修了。専門は動物行動学、動物栄養学。雨の日の軒先で保護した茶トラの「とら」と暮らす。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。