Novelbright、初の武道館2daysがツアーファイナルで実現「忘れられない最高の1日に」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

5人組ロックバンド・Novelbrightが24日、東京・北の丸公園の日本武道館で全国ホールツアーの最終公演(全15公演)を行った。

 念願だった同所での初公演。23日に続き音楽の聖地に立ったボーカル・竹中雄大(26)は「ありがたいことに、チケットもソールドアウトです。ありがとうございます」と感謝。「今日という日を心待ちにしていました。忘れられない最高の1日にしますか。僕たちにとっても、皆さんにとっても重要な1日となるように。ポジティブな気持ちになれるように、精いっぱい届けていきたいと思います」と約束した。

 約3時間、新アルバム収録曲「愛とか恋とか」「seeker」、新曲「どうして」など26曲を披露。6000人を熱狂させた。

 20年8月に「Sunny drop」でメジャーデビュー。21年7月に大阪城ホールで初の有観客・単独アリーナ公演を実現させた。順調にキャリアを重ねているが、現状には満足していない。

 竹中は「まだまだですけど、武道館まで来られたことをうれしく思います。僕の人生の計画では3、4年遅れているなと。思ったより時間がかかった感じがする。今年27歳。30歳になるまでに、かなえたいことがたくさんある。この3年ぐらいで(遅れた)3年分を取り返せるように、6年分ぐらい頑張りたい」と自らに言い聞かせるように語った。一方で「まだ断然悔しいことが多い。でも、こういう景色が見られた時は報われた気がする」とも。いっぱいに埋まった客席、熱い視線を注ぐ観客の姿に心を打たれた。

 今後のバンドの目標は明確だ。「スタジアム公演や野外の大きなところでやりたい。バンドのキャリアとして、ドームにも立ちたい。この1、2年、ガーッとやって飛躍します!」。立ち止まっている時間はない。勢いを加速させるだけだ。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。