【宝塚記念】国内GⅠ組より海外帰り 5歳馬オーソリティ、パンサラッサが有力(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

2022年6月26日に阪神競馬場で行われる第63回宝塚記念。梅雨の季節に行われるということで、どんな馬場で行われていたかを調べてみると、過去15年で良馬場8回、稍重6回、そして重馬場1回。良馬場以外で行われた7回は3連単がすべて万馬券となっており、2018年には50万円近い高配当が出ている。

【宝塚記念 2022予想】エフフォーリア、タイトルホルダーら豪華メンバーの決戦! 好データ目白押しの1頭とは?(SPAIA編)

かといって良馬場でも堅く収まっているわけではなく、2014年や2015年は8番人気以下の馬が2頭ずつ馬券に絡み、3連単で10万円を超える配当を演出している。過去15年の平均配当は単勝が10倍以上、3連単は10万円を超えており、一筋縄ではいかないレースといえそうだ。もう少し傾向をいえば、8枠がここ15年で8勝と、圧倒的な強さを見せている。フルゲートにならない年も多いので何番枠が強いとは言えないが、とにかく8枠に入った馬は要注意だ。

では、そろそろ宝塚記念のデータ検証に入っていこう。参考にするのは過去15年の成績で、近5年のデータも交えながら、勝利に一番近い位置にいるのはどの馬かを探していきたい。

☆所属、性別と年齢
栗東所属175頭に対して美浦所属は43頭しか出走していない。栗東24連対(12勝)、美浦5連対(3勝)と差がつくのも仕方がないだろう(ほかに海外所属馬が1連対)。勝率、連対率でほぼ差はなく、所属別の有利、不利は気にしなくてよさそうだ。これは近5年でもほぼ同様の傾向が出ている。

続いて性別だが、牡馬・セン馬が23連対(11勝)に対して、牝馬は7連対(4勝)。勝率、連対率では牝馬の方がよく、ここは牝馬優勢と考えたい。近5年だと余計にその傾向が強くなっており、2019年から3連勝中。また、出走した牝馬11頭の成績は【3-0-2-6】で、半分近くが馬券に絡んでいる。

年齢別でみると、15連対(8勝)している5歳馬が中心。これは近5年でも6連対(4勝)と存在感を見せている。続いて8連対(5勝)の4歳馬、6連対(2勝)の6歳馬が続く。7歳以上は【0-1-0-38】。唯一の2着馬は2018年のワーザーで、この馬は香港所属馬。日本馬で7歳以上が連対したとなると、2006年ナリタセンチュリー(2着)までさかのぼらなくてはならない。

☆前走クラスと前走
前走で重賞以外を走って連対したのは、2010年の勝ち馬ナカヤマフェスタだけ。この馬はセントライト記念勝ちがあり、のちに凱旋門賞で日本馬最高着順の2着となった実力馬だった。

未来のことはわからなくても、重賞以外から参戦する馬はある程度の実績が必要だ。最も連対数が多いのは国内GⅠ組で、15頭(7勝)が該当。勝率、連対率で国内GⅠ組を上回るのが海外遠征帰りの馬。数は少ないながら、ここ3年で3頭が馬券に絡んでおり、軽視禁物だ。

前走をレース別に見ていこう。最も多く連対馬を出しているのは天皇賞(春)の10連対(5勝)。出走頭数が多いのもあるが、2位が鳴尾記念の4連対(1勝)だから、今年もここを経由してきた馬が上位争いすると考えていいだろう。

近5年でも3連対(1勝)と最多だが、2017年からGⅠに昇格した大阪杯も同じく3連対(2勝)と存在感を見せている。逆に相性があまりよくないのは目黒記念(今年は出走なし)。26頭が出走して、連対したのは2016年宝塚記念勝ち馬マリアライトだけだった。

☆その他
そのほかで気になったデータを取り上げてみる。まずは前走着順。3着以内と4着以下で、勝率、連対率とも大きく変わってくる。前走人気も同様。特に牝馬で前走が1番人気だと【1-2-1-2】となり、半分以上が馬券に絡んでいる。

一方、マイナスとなってしまうデータだが、前走で1秒以上負けていた馬。42頭が該当して、1、2着がそれぞれ1回ずつしかいない。また、ディープインパクト産駒は【1-2-5-25】。ディープ産駒としては思ったほど結果が出ておらず、苦手なGⅠといえる。冒頭で書いたように雨馬場になる確率が高く、武器である切れ味を削がれるのが原因かもしれない。

特にディープ産駒の牡馬は【0-1-0-18】、近5年だと【0-0-0-11】となり、馬券に絡んだ馬すら出ていない。最後にレース間隔。前走海外出走を除くと、中12週以上開いて出走してきた馬から3着以内に入ったパターンは皆無。

コメントは受け付けていません。