大阪選挙区で火花 共産・辰巳氏「奪還のために立ち上がりました」維新、自公の牙城を崩す(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

第26回参院選(7月10日投開票)の公示から一夜明けた23日、全国各地で論戦が本格化した。18人が立候補した大阪選挙区(改選4)では、初日に与野党ともに党幹部が応援に駆けつけるなど、票の獲得に奔走した。

 16年、19年と4議席の内訳は維新(2)自民(1)、公明(1)と続いているが、牙城を崩しにかかる共産・辰巳氏は「3年前に大阪選挙区の議席を失い、その奪還のために立ち上がりました。暮らしを守る、平和を守る、カジノをストップさせる選挙です」と、19年に次点に泣いたリベンジを目指す。

 特にカジノ計画ストップについては、21万人の住民投票を求める署名が集まった。辰巳氏は「大阪都構想の住民投票は2回もしながら、21万の署名が集まった住民投票を握りつぶす。府民が求めたものを拒否している」と、強く訴えた。

 立民は新人の石田敏高氏(57)を擁立。れいわ新選組はタレントの八幡愛氏(34)氏が挑戦。苦しい戦いになるとみられるが、無党派層の取り込みを狙う。

 ◆大阪選挙区(改選定数4)

大谷由里子 59国新

高山純三朗 49N新

吉田 宏之 46N新

本多 香織 50諸新

押越 清悦 63諸新

石川 博崇〈2〉48公現

高木佳保里〈1〉49維現

石田 敏高 57立新

後藤 住弘 56諸新

浅田  均〈1〉71維現

西谷 久美 67諸新

数森 圭吾 42諸新

西脇 京子 49N新

辰巳孝太郎〈1〉45共元

油谷聖一郎 48諸新

八幡  愛 34れ新

松川 るい〈1〉51自現

丸吉 孝文 37N新

=届け出順、年齢は投票日現在、敬称略 <数字>は当選回数=

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。