【巨人】首位ヤクルトと10差 先発の赤星優志が4回5失点KO 猛追も及ばず4カード連続負け越し(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人5―7DeNA(23日・東京ドーム)

 先発はルーキーの赤星。前回、9日の西武戦ではエース菅野の体調不良による緊急登板だったが、5回を2安打1失点と好投し、3勝目をあげた。チームの、そして自身の連勝をかけて上がったマウンドだったが、立ち上がりからDeNA打線につかまった。

 初回2死から佐野にセンターへソロ本塁打を浴びて先制を許すと、2回は宮崎、ソトの連打などで1死一、三塁となり、森に右前適時打、2死後に蝦名にも左前適時打されて、この回2点を失った。

 さらに4回、伊藤光の二塁打と四球、犠打の2死二、三塁から蝦名に右前へ2点適時打され、この回限りで降板。4回を7安打5失点と厳しい内容だった。代わった戸田も6回、森にプロ初本塁打となる2ランを浴びて7点差に広がった。

 援護したい打線だが、今季まだ勝ち星のない左腕・東に対し、5回まで毎回、走者を出すものの、ホームが遠い。ようやく6回、1死一塁から坂本の左翼線二塁打で1点を返すと、中島も左前安打で続き、石川の三ゴロの間に2点目。代わったクリスキーから代打・中田が右翼へ6号2ランを放ち、この回4点を返した。

 7回にもウォーカー、吉川、岡本の3連打で1点を返したが、序盤の大量失点が響いて反撃も及ばず。これで西武戦から4カード連続の負け越しとなった。2位の巨人は、首位ヤクルトとは10ゲーム差に広がった。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。