【巨人】菊田拡和の適時打で9回に追いつくも引き分け 2軍西武戦(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆イースタン・リーグ 巨人3―3西武=延長11回=(23日・ジャイアンツ球場)

 巨人の2軍はイースタン・リーグの西武戦に臨み延長戦の末、3―3で引き分けに終わった。

 先発の山本は初回、先頭の川野に右前安打を許すも3番・呉を空振り三振に仕留めるなど、後続を断ち切った。その後も安打や四球で走者を背負いながらも、得点を許さず、4回3安打無失点。4奪三振で降板した。

 5回からマウンドに上がった2番手・直江は6回に四球で1死一塁とし、5番・渡部に右中間への先制の適時二塁打を浴びた。なお、1死二塁では6番・高木に一塁線を破る適時二塁打を許した。直江は3回を投げ、4安打2失点だった。

 その裏、1死走者なしから、ウィーラーが十亀から左翼フェンスを越える特大のソロを放ち、1点差に迫った。

 8回は3番手・与那原が1安打無失点に抑えたが、9回に登板した4番手・鈴木優が2四球などで1死満塁のピンチを迎え、4番・中熊に中堅への犠飛を許した。

 しかし1―3の9回裏に打線が粘りを見せる。この回の先頭の代打・平間が四球を選ぶと、代打・ウレーニャ、北村の連続安打で無死満塁。岡田の左翼への犠飛で1点差まで迫ると、なお、1死一、二塁で菊田が左前適時打を放ち、土壇場で同点に追いついた。

 延長10回からマウンドに上がった5番手・菊地は10回、11回ともに四球を出しながらも、安打は許さず、無失点に抑えた。

 延長11回には萩原の安打などで2死一、二塁の好機を迎えるも、松原が大曲の144キロ直球に手が出ず、引き分けに終わった。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。