松戸中央が接戦制して春夏連続の全国大会出場! 3本柱がリード守りきる 第53回選手権大会千葉県支部予選(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

◆第53回選手権大会千葉県支部予選◇中学生の部▽決勝 松戸中央ボーイズ2―1八千代ボーイズ(6月19日・八千代習志野ボールパーク)

 東日本の各地で夏季全国大会の支部代表が決まった。千葉は決勝で松戸中央ボーイズが八千代ボーイズとの接戦を制し、春夏連続となる6年ぶり4度目の出場を決めた。

 3本柱の力投で初回の得点を守りきった。松戸中央は1回、1番・村田久河が右中間を割って二塁を陥れ、続く呉坪大悟の左前打で一、三塁。牧野大瑚の内野ゴロで村田が生還すると、なお1死二塁から4番・高松翔和が左中間へ適時二塁打を放って2点目だ。リードはこれで十分だった。

 先発・石井寛也は伸びのある直球を武器に4回2安打無失点。5回から登板した青山竜太が1点を失ったが、7回を3番手・鬼頭智大が3人で片づけ、歓喜の瞬間を迎えた。右3投手は入部以来、競ってきたライバル。井垣茂人監督(49)は「春先から調子を落としていた石井が良くなってきたので先発させました。3人とも苦しい試合でよく投げてくれた」とねぎらった。この予選で背番号1は鬼頭だが、本大会へ向けてエース争いはまだまだ続きそうだ。

 県内では無敵を誇り、春季全国大会は優勝候補にも名前が挙がったものの、3回戦止まり。だが、井垣監督は「春の経験が必ず生きてくると思う。投手陣をさらに整備して、クリーンアップ(牧野、高松、平澤陸斗)にハッパを掛けて臨みます」と口元を引き締めた。チームの精神的支柱・森岡大和主将は「千葉代表として恥ずかしくない戦いをします。日本一になって監督を胴上げしたい」と意気込んだ。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(防屑配方)


・毛髪に残るフケが気になる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

フケ防止用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。