秋山翔吾、古巣・西武の即アタックに感謝 ソフトバンク&広島とも会って移籍先決める(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

西武は22日、パドレス傘下3Aエルパソを退団した秋山翔吾外野手(34)と都内のホテルで入団交渉に臨んだ。19年まで在籍した古巣が、他球団を差し置き一番乗りで即アタック。渡辺久信GM(56)は「戦力として欲しい。もう一度ライオンズの選手として頑張ってもらいたい」と条件提示を行ったことを明かした。

 20日に帰国したばかりの秋山は「シーズン中に時間をつくっていただいたことに感謝します」と、オファーを受けた全ての球団へ頭を下げた。古巣の思いを受け止めた上でソフトバンク、広島と全球団の話を直接聞き決断する意向で「どんな役割を求められるか、どう評価されているのか。チームのことを知りたい」と話した。

 西武は後藤高志オーナー(73)がこの日、西武ホールディングスの定時株主総会で「ぜひ、ライオンズに戻ってきてもらいたいと熱望している。最大限の努力をしてまいります」と、株主に約束するなど獲得へ強い意志を示した。空き番となっている「55」も当然、準備している。決断時期について秋山は「簡単には決められないかもしれない。ただ、長引かせるつもりはない。なるべく早く頭の中を整理しないといけない」と説明した。

コメントは受け付けていません。