坂本昌行、10月主演舞台「凍える」で連続児童殺人犯に PARCO劇場に立つのは22年ぶり(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

元V6で俳優の坂本昌行(50)が主演舞台「凍える」(10月2~24日、東京PARCO劇場など)で連続殺人犯を演じることが22日、分かった。

 1998年に英国で初演された作品で、10歳の少女が行方不明になった20年後に逮捕された連続殺人犯、娘の母親、精神科医の3人が対峙(たいじ)し、家庭内暴力や幼児虐待など社会に潜む病巣を描いたストーリー。

 坂本がPARCO劇場に立つのは22年ぶり。「普段の生活では、なかなか起こり得ないセンセーショナルな内容ですが、非常に考えさせられる舞台」とし、「今までに演じたことのない『連続児童殺人犯』。どのように気持ちが動いてどのようになってしまうのか、僕自身楽しみですし、心も体ものめり込んでいけたら」と意気込んだ。

 数多くのキャリアを積み重ねてきた坂本の初舞台が、今回演出を務める栗山民也氏が手がけた舞台「ミュージカル 阿国」(92年)だった。「たくさんの時間と経験を経て、再びご一緒できることがとても楽しみ。PARCO劇場に立つのも22年ぶりなので、22年前とは違った僕を見ていただけたらうれしい」と話した。

 長野里美(60)が行方不明の娘の母親を、鈴木杏(35)が精神科医を演じる。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。