大谷翔平が4打点と大暴れ 豪快3ラン、中犠飛で5点差から追いつく(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆米大リーグ エンゼルス―ロイヤルズ(21日・アナハイム=エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(27)が21日(日本時間22日)、本拠地・ロイヤルズ戦に「3番・指名打者」でスタメン出場。3打席目に14号3ランを放つと、2点を追う7回1死一、三塁の4打席目にも中犠飛を放ち、同点劇につなげた。

 ロイヤルズの先発はヒースリー。大谷は初対戦だった。1点を追う初回2死走者なしの1打席目は、初球の外角94・3マイル(約151・8キロ)直球に反応。ややつまった打球だったが、中前にしぶとく落として2試合連続安打とした。5点を追う4回先頭の2打席目は、フルカウントから外角高めの直球をはじき返すも一ゴロに倒れた。

 5点を追う6回無死一、二塁の3打席目には出場したい試合では8試合ぶりの一発となる14号3ランを右中間席に運んだ。ヒースリーの92・3マイル(約148・5キロ)直球を捉えた一発。打球速度111・5マイル(約179・4キロ)、飛距離423フィート(約129メートル)の豪快弾だった。

 さらに5―7で2点を追う7回1死一、三塁の4打席目には、救援左腕・スパイアーと対戦。カウント1―1から外角のスライダーをうまくセンターにはじき返し、最低限の仕事となる中犠飛で1点差に迫った。この日4打点目と孤軍奮闘を見せた。さらに続くウォルシュの適時三塁打で追いついた。

 19日(日本時間20日)まで3試合連続安打がなく、14打席凡退と当たりが止まっていた。だが、20日(同21日)の本拠地・ロイヤルズ戦では2四球を選ぶなど2打数1安打で3出塁。4試合、16打席ぶりの安打などで復調の兆しを見せていた。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。