【宝塚記念】国内GⅠ組より海外帰り 5歳馬オーソリティ、パンサラッサが有力(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

2022年6月26日に阪神競馬場で行われる第63回宝塚記念。梅雨の季節に行われるということで、どんな馬場で行われていたかを調べてみると、過去15年で良馬場8回、稍重6回、そして重馬場1回。良馬場以外で行われた7回は3連単がすべて万馬券となっており、2018年には50万円近い高配当が出ている。

【宝塚記念 2022予想】エフフォーリア、タイトルホルダーら豪華メンバーの決戦! 好データ目白押しの1頭とは?(SPAIA編)

かといって良馬場でも堅く収まっているわけではなく、2014年や2015年は8番人気以下の馬が2頭ずつ馬券に絡み、3連単で10万円を超える配当を演出している。過去15年の平均配当は単勝が10倍以上、3連単は10万円を超えており、一筋縄ではいかないレースといえそうだ。もう少し傾向をいえば、8枠がここ15年で8勝と、圧倒的な強さを見せている。フルゲートにならない年も多いので何番枠が強いとは言えないが、とにかく8枠に入った馬は要注意だ。

では、そろそろ宝塚記念のデータ検証に入っていこう。参考にするのは過去15年の成績で、近5年のデータも交えながら、勝利に一番近い位置にいるのはどの馬かを探していきたい。

☆所属、性別と年齢
栗東所属175頭に対して美浦所属は43頭しか出走していない。栗東24連対(12勝)、美浦5連対(3勝)と差がつくのも仕方がないだろう(ほかに海外所属馬が1連対)。勝率、連対率でほぼ差はなく、所属別の有利、不利は気にしなくてよさそうだ。これは近5年でもほぼ同様の傾向が出ている。

続いて性別だが、牡馬・セン馬が23連対(11勝)に対して、牝馬は7連対(4勝)。勝率、連対率では牝馬の方がよく、ここは牝馬優勢と考えたい。近5年だと余計にその傾向が強くなっており、2019年から3連勝中。また、出走した牝馬11頭の成績は【3-0-2-6】で、半分近くが馬券に絡んでいる。

年齢別でみると、15連対(8勝)している5歳馬が中心。これは近5年でも6連対(4勝)と存在感を見せている。続いて8連対(5勝)の4歳馬、6連対(2勝)の6歳馬が続く。7歳以上は【0-1-0-38】。唯一の2着馬は2018年のワーザーで、この馬は香港所属馬。日本馬で7歳以上が連対したとなると、2006年ナリタセンチュリー(2着)までさかのぼらなくてはならない。

☆前走クラスと前走
前走で重賞以外を走って連対したのは、2010年の勝ち馬ナカヤマフェスタだけ。この馬はセントライト記念勝ちがあり、のちに凱旋門賞で日本馬最高着順の2着となった実力馬だった。

未来のことはわからなくても、重賞以外から参戦する馬はある程度の実績が必要だ。最も連対数が多いのは国内GⅠ組で、15頭(7勝)が該当。勝率、連対率で国内GⅠ組を上回るのが海外遠征帰りの馬。数は少ないながら、ここ3年で3頭が馬券に絡んでおり、軽視禁物だ。

前走をレース別に見ていこう。最も多く連対馬を出しているのは天皇賞(春)の10連対(5勝)。出走頭数が多いのもあるが、2位が鳴尾記念の4連対(1勝)だから、今年もここを経由してきた馬が上位争いすると考えていいだろう。

近5年でも3連対(1勝)と最多だが、2017年からGⅠに昇格した大阪杯も同じく3連対(2勝)と存在感を見せている。逆に相性があまりよくないのは目黒記念(今年は出走なし)。26頭が出走して、連対したのは2016年宝塚記念勝ち馬マリアライトだけだった。

☆その他
そのほかで気になったデータを取り上げてみる。まずは前走着順。3着以内と4着以下で、勝率、連対率とも大きく変わってくる。前走人気も同様。特に牝馬で前走が1番人気だと【1-2-1-2】となり、半分以上が馬券に絡んでいる。

一方、マイナスとなってしまうデータだが、前走で1秒以上負けていた馬。42頭が該当して、1、2着がそれぞれ1回ずつしかいない。また、ディープインパクト産駒は【1-2-5-25】。ディープ産駒としては思ったほど結果が出ておらず、苦手なGⅠといえる。冒頭で書いたように雨馬場になる確率が高く、武器である切れ味を削がれるのが原因かもしれない。

特にディープ産駒の牡馬は【0-1-0-18】、近5年だと【0-0-0-11】となり、馬券に絡んだ馬すら出ていない。最後にレース間隔。前走海外出走を除くと、中12週以上開いて出走してきた馬から3着以内に入ったパターンは皆無。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。