森保一監督、7月東アジアE―1選手権にパリ世代呼ぶ!大迫勇也、長友佑都ら国内常連組招集せず新戦力を発掘(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

日本代表の森保一監督(53)が21日、定例のオンライン取材に応じ、東アジアE―1選手権(7月19~27日・カシマなど)は、W杯出場歴のない国内組を中心に臨むことを明かした。FW大迫勇也(32)=神戸=、DF長友佑都(35)=FC東京=、酒井宏樹(32)=浦和=ら常連は招集しない。11月に開幕するカタールW杯へ、U―21日本代表の若手を含む国内組の新戦力発掘に使う。

 東アジアE―1選手権を新戦力発掘の場にする。森保監督は「W杯に出たことのある選手は、招集は見送りたい」と大迫、長友らを招集せず「カタールW杯でメンバーに入る可能性のある選手たち、U―23アジア杯を戦った(U―21日本代表の)選手たちもリストアップしている」とJ1で実績を残す選手に加え、アンダー世代の若手を登用することを明かした。

 香港、中国、韓国代表と3試合を戦う国内組には逆転選出の追い風が吹く。日本サッカー協会の田嶋幸三会長によると、カタールW杯の登録メンバーは従来の23人から3枠増え、26人となる見通しだ。さらに森保ジャパンは2勝2敗で終えた今月の4連戦で、攻撃面での課題を残した。バックアップに不安を残すポジションがあり、食い込む余地が残る。

 まずはセンターFW。軸の大迫は負傷を抱えており、神戸では時間限定でのプレーを余儀なくされている。次点の浅野拓磨、古橋亨梧も結果を残しているとは言いがたい。今季6得点で鹿島を支える鈴木優磨を筆頭に、まだまだ追い上げがきく。さらにMF遠藤航への依存度が高いアンカーも、バックアップが定まらない。この2つのポジションは特にチャンスだ。

 また、スピード、決定力など強力な武器を持った選手も求められる。「(26枠で)スペシャルな特長を持った選手をプラスできることは、チームの戦い方によりプラスになる」と森保監督。U―23アジア杯で活躍したU―21日本代表MF鈴木唯人(清水)はゴール前の仕事が際立った。国内組にとっては、実質最後のアピールとなる3試合。Jリーグから森保ジャパンに新風を送り込む。(内田 知宏)

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。