「名建築で昼食を 大阪編」8月17日スタート 池田エライザ「明日に希望が湧くようなドラマ」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

女優・池田エライザが主演するテレビ東京系ドラマ「名建築で昼食を 大阪編」が8月17日にスタートする(水曜、テレビ大阪=深夜0時、テレビ東京=深夜2時35分)。

 「建築×グルメ」をテーマに、2020年に放送されたドラマの2年ぶりの続編。テレビ大阪の開局40周年を記念して制作される。前作は東京都内の名建築を、カフェ経営を夢見る春野藤(池田)と、建築マニアの植草千明(田口トモロヲ)が訪問したが、今回は舞台を大阪に移し、全6話で送る。

 池田は「すごく和やかな空気感の中で撮影できました。ドラマ特有の空気感や、名建築ならではの丸み? みたいなものは映像にしっかり映っていると思います」と手ごたえ十分。視聴者には「SNSなどで、ぜひ自分の身近にある名建築や自分が行ってみたい建築を教えていただけるとうれしいです。日本中にはまだまだ私も知らない名建築があると思うので、視聴者の方も番組に参加して一緒に楽しみたいです。ちょっと明日に希望が湧くような、大阪の人であれば気軽に行ってみようとか、放送以降もワクワクしていただけるようなドラマだと思います」とPRした。

 一方、田口は「シリーズを通してほとんど同じスタッフで、前回の反省を生かしながらそれぞれの経験値も上がり、より踏み込んで進化して仕上がっているはずです」と自信満々。「登場人物の千明や藤がちょっと現代に生きづらさを感じていて、その人たちが歴史ある名建築を見て癒され、人生をちょこっとだけ豊かにして、前に進んで成長する物語でもあるので、肩の力を抜いて、名湯に浸かるようにゆるゆると見ていただけたらうれしいです」と見どころを語った。

コメントは受け付けていません。