【ラグビー】 都立大が東京都国公立大学大会、初優勝を飾る。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

東京都ラグビー協会に加盟する国公立大学のラグビーNO.1を決める「2022年度国公立大学体育大会」。決勝戦が6月11日、東京学芸大グラウンドで行われ、2018年から大会連覇中の王者・東京学芸大と初の決勝進出となった東京都立大が対戦した。

 試合は後半43分、都立大がサヨナラドロップゴール(DG)を決めて19-17で栄冠を勝ち取った。学芸大はこの大会での試合の連勝記録は7で途絶えた(2018年、19年と連覇。2020年はコロナ禍で中止。昨年は交流戦のみ実施)。

 試合は後半17分から動いた。前半を学芸大が2つのトライで14-13と1点差リードで折り返していた。
 就任3年目の都立大・藤森啓介ヘッドコーチは、ハーフタイムの円陣で「前半はキックチェイスが緩かった。みんなが優勝したいなら、言われているポイントをひたむきにやれるかだね」と送り出した。

 エリア取りのキック合戦が続く。都立大がキックを蹴り込み、ボールを持った学芸大FBでゲームキャプテンを務めていた岡田喬一(3年、桐蔭学園高)にからんだ。ノットリリースの反則を得た。このペナルティゴール(PG)を都立大FB松本岳人(大学院1年、所沢北高)が左足で冷静に蹴り込み、成功。16-14と逆転した。

 岡田は語る。「相手を分析した時にキックチェイスがないとわかっていた。カウンターを狙った」。
 次に動かしたのはその岡田だ。37分、都立大陣で攻めると、都立大のCTB松川拓矢(4年、桐光学園高)がオフサイド。キッカーを担う岡田も冷静だった。約30メートルのPGを成功。17-16と再び1点差のリードへ。残り時間は5分、両チームベンチから声がかかる。

 学芸大キッカーは「50:22キック」の新ルールで都立大陣へ入りラインアウトを得ようとキックを蹴り込む。しかし、反対に敵陣でラインアウトを奪ったのが都立大。蹴り込んだボールが学芸大バックスの間に落ち、処理ミスで都立大ボールになった。

コメントは受け付けていません。