田臥勇太が『NBA KAIWA』に登場…NBAプレーオフやBリーグCSについて語る(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

NBA JAPANの公式ツイッターで20日、『NBA KAIWA』が行われ、 田臥勇太(宇都宮ブレックス)が登壇。MCを務める佐々木クリス氏とともにトークを繰り広げた。

 初めにトークテーマに挙がったのは、激戦が繰り広げられた今シーズンのNBAプレーオフについて。今シーズンはゴールデンステイト・ウォリアーズがボストン・セルティックスを破って4年ぶりのNBA制覇を成し遂げたが、田臥は「選手とコーチングスタッフの一体感が、強い時のウォリアーズだった。コーチが選手を信頼して託して、選手がそれに応えようとする。うまく歯車が噛み合ったと思います」と評価した。

 また、ファイナルMVPに輝いたステフィン・カリーについては「パフォーマンス自体はすごいの一言」と絶賛。「これまでMVPを獲ってもおかしくない働きはしていたけれど、今回は周りのサポートがあって彼がチームを引っ張った。完全なMVPですね」と舌を巻いた。

 カリーはファイナルで平均31.2得点、3ポイントシュート成功率43.7パーセントと圧巻の活躍を披露したものの、第5戦では3ポイントが1本も決まらず。それでも第6戦で奮起して34得点を記録したが、田臥は「彼の外れても打ち続けるメンタリティーは、すべてのバスケット選手が学ぶべき。ブレないし、チームメートも彼をサポートする。すごいメンタルだと思います」と語った。

コメントは受け付けていません。