【注目2歳馬】評判馬集結の阪神芝1600m戦はファントムシーフが勝利 デビュー前に垣間見た脚力は本物(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

3回阪神開催の開幕週、6月18日(土)に行われた芝1600mの新馬戦には評判馬が集結。制したのは、ハービンジャー産駒のファントムシーフ(栗東・西村真幸厩舎)だった。

【宝塚記念 2022予想】エフフォーリア、タイトルホルダーら豪華メンバーの決戦! 好データ目白押しの1頭とは?(SPAIA編)

好スタートからクリノヒーローがハナを切り、2番手にピヌスアモリス、3番手集団の外にファントムシーフ、内にガルヴァナイズ、そして間にユハンヌスと上位人気の馬たちが先行集団につける形で外回りコースの3角へと向かっていく。

スタートから12.9-11.8-12.7-12.9とゆったり流れ、800m通過は50.3というスローペース。4角から直線にかけての1000~1200mで徐々にペースが上がり、11.8を刻んだ。

直線に向いて先頭へと並びかけたピヌスアモリス、それをピッタリとマークしてほぼ馬なりで馬体を併せたファントムシーフ。この攻防があった1200~1400mは10.8と一気にペースアップ、2頭が後続を一気に引き離した。

ファントムシーフの鞍上・和田竜二騎手は残り200mの標識通過とともに追い出し、ピヌスアモリスを振り切ると、最後は余裕を持ちながら11.5でまとめ、1.1/4馬身差で勝利した。

勝ちタイムは1:36.8と平凡ながら、デビュー前に栗東CWコースで2度ラスト10.9をマークした脚力は本物と見せつけたデビュー戦だった。距離が延びてさらに持ち味を発揮しそうなタイプであり、今後どのようなレースを見せてくれるか楽しみにしたい。

そして敗れはしたものの、2着ピヌスアモリスも3着ガルヴァナイズには2馬身半差をつけており、次走すぐに勝ち上がれるレベルにある。

コメントは受け付けていません。