那須川天心の弟・龍心に勝った大久保流唯、圧倒も反省しきり「良いところが全く出せなかった」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆「THE MATCH2022」▽オープニングマッチ 〇大久保流唯(3回判定3-0)那須川龍心●(19日・東京ドーム)

【写真】龍心のボディに突き刺さった左ミドル

 オープニングマッチが行われ、大久保流唯(K―1ジム・ウルフ TEAM ASTER)キックが“神童”那須川天心の弟・龍心(TEAM TEPPEN)に判定3-0で勝利した。

 ともにデビュー2戦目。大久保は膝蹴りやミドルキックを繰り出し、優位に試合を支配した。2回にはダウンこそ奪えなかったものの、スピンキックで相手をリングに倒すシーンもあった。

 試合後の会見で、まず「東京ドームで試合できてうれしかった。不思議な感覚だった」と大舞台に立った喜びを語った。ユナニマスデシジョンで勝ったにもかかわらず「良いところがまったく出せなかった」と反省した。龍心については「強いのは分かっていた。拳を交えてみて、カウンターの取り合いで、うまく入れなかった」と評し、今後は「K-1のチャンピオンになりたい」と高らかに目標を掲げた。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。