松山英樹は前半1つスコアを落として首位と6打差で折り返す 全米オープン第2日(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

◆米男子プロゴルフツアー メジャー第3戦 全米オープン 第2日(17日、米マサチューセッツ州ザ・カントリークラブ=7254ヤード、パー70)

 昨年4月のマスターズ王者・松山英樹が首位と4打差26位で出て、前半9ホールを1ボギーと1つスコアを落とし、通算1オーバーで折り返した。7人の日本勢の最上位で、メジャー2勝目に向けて首位と6打差の暫定29位となっている。

 10度目の出場となるLEXUS契約の大会ホストプロは、ピンクと白のストライプのウェアに白いパンツ姿で臨んだ。予定通りに午後1時25分にティーオフ。2011年大会覇者のロリー・マキロイ(英国)、昨年の東京五輪金メダルのザンダー・シャウフェレ(米国)と同組で、この日も大勢のギャラリーを引き連れて歩いた。

 2番パー3でボギーが先行した。アイアンでの第1打をグリーン右手前の深いラフに入れると、2打目の寄せが5Mオーバー。パーパットは右に外れてスコアを落とした。

 風と不規則な転がりを生むポアナ芝のグリーンの影響もあり、前半はなかなかかみ合わない展開が続いた。310ヤードと距離の短い5番パー4は、ドライバーを握って攻めた第1打をグリーン奥のラフへ。ところが、2打目のアプローチをミスして6Mショートし、パー。7番パー4はアイアンでティーショットを放ち、フェアウェーからの第2打のアイアンもピン右2Mにつけたが、バーディーパットはカップ右を抜けた。8番パー5も3打目をピン右下5Mにつけたが、バーディーパットはカップ左に外れた。

 とはいえ、6番と9番では、2M前後のパーパットをねじ込むなど、日本のエースは我慢強い戦いを見せている。

 メジャー2勝のコリン・モリカワ(米国)、デビッド・リングマース(スウェーデン)が通算5アンダーの首位に並んでいる。

【広告】 位元堂

コメントは受け付けていません。