【インビジブル最終回】まさかの真犯人&結末にネット騒然「想像超えてきた」「 サイコパス」「もう趣味が変態」(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

高橋一生主演のTBS系連続ドラマ「インビジブル」(金曜・午後10時)の最終回となる第10話が17日に放送された。すべての真相が明らかになり、ネットでは様々な反応が見受けられた。(以下、ネタバレがあります。ご注意ください)

【写真】衝撃の金髪ショート姿(全3枚)

 最終回では、キリヒト(永山絢斗)は初代インビジブルが残した、あるモノを手に入れるためにキリコ(柴咲コウ)を連れ、2人が昔暮らしていた家で対峙する。そこに刑事・志村(高橋)が駆けつけるが、監察官・猿渡(桐谷健太)が現れ、キリヒトを銃殺する。

 史上最悪のクリミナルズ「リーパー」の正体にネットは騒然。「想像を超えてきた」「最後の最後までドキドキ展開だね」「猿渡… 最悪だ… もう趣味が変態だ」「もう無茶苦茶ですやん」「真犯人のサイコパスっぷりが最高」「サイコパスな役柄といえば高橋一生の得意分野なのだが、今回は敢えて受け役に徹したな」「サイコ猿渡すげードヤ顔」「#桐谷健太 サンの演技が 静かに怖過ぎて… ゾクッときた」などと目が離せない様子だった。

 一方で「インビジブルの警察無能やな」「捜査一課の後輩のポンコツ具合の凄まじさに言葉が出ない」といった声も寄せられた。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。