【日本ハム】救援陣が崩れ連勝3でストップ…新庄ビッグボス「すんなり終わるかなと思ったけどね」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆パ・リーグ 日本ハム4―7ロッテ(17日・札幌ドーム)

 日本ハムは救援陣が崩れ、逆転負け。連勝は3でストップした。

 初回に野村2死一、三塁で野村が先制適時打を放つと、ヌニエスは押し出し四球を選び追加点。2回はアルカンタラが10号ソロを放つと、4回は浅間が適時打をマーク。先発・上沢も7回2安打無失点と好投した。

 しかし4―0の8回に石川直が2失点。9回は北山が先頭から四球と連続長短打で1点を失うと、無死一、三塁では二盗を刺そうとした宇佐見の悪送球で三塁走者の生還を許し、同点となった。そして2死満塁では中村奨に3点適時二塁打を浴びた。

新庄ビッグボスは試合後、「すんなり終わるかなと思ったけどね、やっぱあの9回の四球。最初の四球がね、ちょっといけなかったかなと思いましたね。(北山は)あんまり今日キレがなかったかなっていう風には見えましたけどね。また成長していくしかない」と振り返り、「向こうも9回にすごい粘って逆転して。これで向こうもまた流れを持っていって明日のゲームで乗っていくと思うんで、その流れを明日は止めるゲームをしていかないといけないですね」と語った。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。