秋田がケレム・カンターと契約合意…エネス・カンターを兄に持つ27歳のビッグマン(バスケットボールキング)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:バスケットボールキング

6月17日、秋田ノーザンハピネッツはケレム・カンターと2022-23シーズンの選手契約が合意したことを発表した。

 トルコ出身で現在27歳の同選手は、207センチ111キロのパワーフォワード。2018年にフランスでキャリアをスタートさせると、リトアニア、スペイン、ギリシャと渡り歩き、リトアニアリーグでは得点王とリバウンド王、ギリシャリーグでは平均得点2位・同リバウンド2位と活躍した。

 今シーズンはポーランドでプレーすると、1試合平均11.8得点6.2リバウンドを記録し、チームのリーグ優勝に大きく貢献。クラブ初のトルコ出身選手であるカンターは、NBAで長年に渡って活躍しているエネス・カンター・フリーダムを兄に持ち、U18とU20でトルコ代表としてもプレーした。

 今回の発表に際し、カンターはクラブ公式HPを通して「しっかりとしたファンベースと豊かな歴史をもつ秋田ノーザンハピネッツに入団することをとてもうれしく思います。近年、Bリーグを追っていましたが、毎年成長しているリーグだと感じています。昨シーズンチャンピオンシップに進出したことにより、今シーズンは昨シーズン以上の結果が求められると思いますが、私はすぐにチームの勝利に貢献することができると思います」とコメント。

 また、秋田はクラブコメントも合わせて発表しており、「ケレム・カンター選手は、直近のシーズンにてポーランドリーグで優勝を成し遂げている選手であり、ユーロカップには17試合出場し、平均リバウンド1位にも輝いています。ゴール下のディフェンスに定評がありながらもアウトサイドのシュートも得意とし、パワーフォワードとセンターの両方をこなせる器用さも持ち合わせています」と期待を寄せた。

コメントは受け付けていません。