【ソフトバンク】千賀滉大、浅村栄斗&島内宏明の連続適時打で勝ち越し許す 田中将大と初の投げ合い(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆パ・リーグ ソフトバンク―楽天(17日・ペイペイドーム)

 ソフトバンク・千賀滉大投手が3回に勝ち越しを許した。

 1点リードの2回に7番茂木に今季1号の同点ソロを浴びると、1―1の3回。先頭の武藤に右前打を打たれるなど2死三塁とされ、3番浅村に158キロ直球をはじき返された。勝ち越しの中前適時打を許し、続く島内にも右中間へ適時二塁打を献上した。

 楽天・田中将と先発として初の投げ合い。エース対決に向けては「ロースコアは意識したい。負けないように、できることをやっていきたい」と話していた。初回は全12球連続の直球勝負。完璧な立ち上がりを見せたが、2回、3回と連続失点を喫した。

コメントは受け付けていません。