【ラグビー】横河武蔵野 19-14 ヤクルト。雨中のFW戦で清水新也が躍動。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

5月21日、トップイーストリーグAグループの横河武蔵野アトラスターズが、昨シーズンの優勝チーム、ヤクルトレビンズとの春季オープン戦を戦った。
 ホーム(東京・武蔵野市)で対戦し、19-14で勝利した。

 ヤクルトの高安勇太朗監督は敗者の弁。「(横河武蔵野は)攻守ともに接点のプレッシャーがはやかったですし、圧力も強かった。そこがうちが後手に回った要因だと思います」

 小川正志キャプテンは、「要所、要所でミスや予期せぬことが起きたときに、目指していた形が崩れてしまった。自分としても、まだリーダーの経験が浅くてチームを締められませんでした」と悔しさを述べた。

 試合は開始早々、横河武蔵野が相手ゴール手前のスクラムを支配しそのまま押し進め、NO8清水新也がボールを押さえて先制した。

 25分、今度はヤクルトが敵陣5メートルライン上でのラインアウトからのムーブをBKがフィニッシュ。1トライ1ゴールを奪い、5-7とした。

 31分、横河武蔵野SH平尾幸也が相手陣内22メートルライン付近での相手ボールスクラムにプレッシャーをかける。相手のパスが乱れたところにNO8清水が猛タックルを浴びせた。

 すかさずFL原島禅(ぜん)がセカンドタックルに入りブレイクダウンに持ち込むと、相手ゴール寸前でターンオーバーが成立し、最後は清水が飛び込む。この日2回目のファイブポインターとなった。
 SO衣川翔大のキックも成功する。12-7で前半を折り返した。

 昨シーズンのリーグ戦ではヤクルトに2敗し、リベンジに燃えていた横河武蔵野。
 前半FLとして出場した原島は、「最後もショットを狙えば1点差で勝てるところでしたが、そこを自分たちがやってきたスクラムを選択して(トライを)獲り切ったのは、チームとして自信になった」と語った。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。