【ラグビー】スピアーズの強み削ぎ「2連覇」に王手。ワイルドナイツの「適応」と「プライド」(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

完璧ではなかった。埼玉パナソニックワイルドナイツは序盤、笛に足止めされることもあった。

 攻め込んだ先で接点へのカバーが遅れたり、立ち合いで相手が先手を取りにかかるスクラムで腰を浮かされたり。対するクボタスピアーズ船橋・東京ベイの圧力と相まって、前半のペナルティの数は向こうよりも4つ多い7つにのぼった。

 それでもロッカールームへ帰る頃のスコアボードは「14-3」。ワイルドナイツの「お手付き」は、さほど得点には影響しなかった。

 攻防の起点にあたるスクラムでは、HOの坂手淳史主将いわく「レフリーが『ヒット(組み合う瞬間)でどちらが前に出ているかで優劣を出している』とゲーム中に話してくれた。そこにアプローチすることでだんだんよくなっていった」。

 他の領域でも、適応力が奏功したのだろう。同じ失敗を最小限にとどめ、果たして24-10で白星をつかんだ。ロビー・ディーンズ監督は言った。

「プレーオフは選手にとっても、レフリーにとってもプレッシャーがかかる試合です。判定に毎回、毎回、納得できるわけではないですが、それを含めて理解して、適応するのが何よりも大事なのです」

 現場判断と同時に、事前の準備も実った。

 わずか4点リードで迎えた前半33分以降、自陣ゴール前左でラインアウトモールを3度も仕掛けられる。相手の得点パターンだ。

 ただし、「我々はモールへのディフェンスにプライドを持っている」とディーンズ。直近の最終節での対戦時にその形で失点したとあり、対策を練っていた。

 合法の範疇で鋭角に刺さる。向こうの軸を回す。最後列のボール保持者を孤立させ、その手元に絡む。3度、その手法を取った。

 前半33分の1本でその流れの「フィニッシュ」を決めたのは、ラクラン・ボーシェー、ベン・ガンターの両FL。地上で球を獲り返す。ガンターはこうだ。

「相手の球出しを遅らせるのが我々の仕事」

 2本目に関しては、勢いに屈して反則を取られてはいる。ただし、判定されれば即7失点のペナルティトライだけは免れる。

コメントは受け付けていません。