これぞラグビー。新競技ブラインドラグビーの魅力。専門クラブ「ぶららぐ東海SunRabbits愛知」も誕生(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

これぞラグビー。中京大学の神宮寺徹(じんぐうじ・とおる)HCは、ブラインドラグビーの奥深さにたちまち魅了された。

 視覚障がいのある人とない人(晴眼者)が一緒にプレーできる「ブラインドラグビー」。2015年にイングランドで考案され、日本では2019年に協会が設立されたラグビー界の新競技だ。

 日本はブラインドラグビーの先進国だ。

 2019年10月には埼玉・熊谷で世界初のテストマッチ(日本代表×イングランド代表)がおこなわれ、2022年3月には東京・駒沢で世界初の国内大会、5月には大阪で初の東西対抗戦も開催された。

 山梨・日川-法大-日本IBMでプレーした神宮寺HCは、山梨学院大学HC時代の教え子からの依頼でブラインドラグビーに関わるようになった。現在は日本初のブラインドラグビー専門チーム「ぶららぐ東海SunRabbits愛知(サンラビッツ)」の監督も務めている。

 サンラビッツの指導現場に立った神宮寺HCは、まずブラインドラグビーにおけるコーチングの難しさにぶつかり、大きなやりがいを覚えた。

「晴眼者にとっての『前』は、視覚障がい者にとっての『前』じゃないんです。たとえば全盲の人であれば、そもそも『前』を見たことがない。まず『前』を定義づけることから始めなければいけませんでした。相手の立場に立ってコーチングをしないと進まない。コーチとして本当の『プレイヤー・ファースト』を捉えなければコーチングができませんでした」

 神宮寺HCは網羅的なコーチング経験を強みとする。

 これまで大学(山梨学院大HC、埼玉医科大学HC、法政大学等)や高校(日川高、市立船橋高、千種高)、ジュニアなど各グレードを指導。女子チームや社会人クラブチーム(SupermanRFC)にも関わった。

 2019年にはインド代表監督も務めた経歴の持ち主は、コーチング現場としてのブラインドラグビーを「めちゃくちゃおもしろい」と思った。競技としての魅力にも惹かれた。

「ブラインドラグビーでは、晴眼者が『ここにいるだろう』という期待を込めたパスをしても通りません。本当に弱視のプレイヤーがパスを取れるのか、パスの種類、距離、強さも考えなければいけません」

 視覚障がいは大きく「全盲」と「弱視」(ロービジョン)に分かれ、弱視の人は100人いれば100通りの見え方があるという。つまりパスをする相手が弱視の人なら、その人の「見え方」をしっかりと把握した上でパスをしなければつながらない。

「ブラインドラグビーでは、味方のことを本当に考えてあげなければプレーできません。自然と『味方のためにプレーする』という動きになってくるんです」

 ブラインドラグビーのルールは、1チーム7人(視覚障がい者は5人以上、晴眼者は2人まで)で10分ハーフだ。

 コンタクトの代わりにタッチがある。攻撃側はタッチをされたらボールを置き、守備側は5メートル下がる。タッチ6回で攻守交替。ノーコンタクトがルールだが、試合ではぶつかってしまうことも珍しくない。

 フィールドは15人制より小さい縦70メートル×横50メートル。トライ後はHポールの位置を手拍子などで教えてもらいながらコンバージョンを狙う。

 そのほかボールに音の鳴る鈴が入っていること、指示専門のガイド役が配置できること、晴眼者はトライができない等、ブラインドラグビーならではのルールが競技をおもしろくしている。

 プレイヤーにとってもブラインドラグビーは魅力的だ。

 サンラビッツの会長は草野健二さん。2019年にブラインドラグビー日本代表としてイングランドと戦った現役プレイヤーでもある。

 草野さんは30代で網膜色素変性症により視野が狭くなり、現在は「5円玉を覗いているような視野」だ。しかし中高でバレーボールを経験したスポーツマンで、グランドソフトボールやブラインドボクシングも楽しんできた。

「グラウンドを思いきり走れるのはブラインドラグビーの魅力です。守られた場所なので思いっきり走れます。多少怖いなとは思いますが、安全面の配慮はあるので思いきってやっています」(草野さん)

 ラグビー経験のない草野さんがブラインドラグビーと出会ったのは2019年。ブラインドラグビー日本代表のセレクションがあると知り、応募したことがきっかけだ。

 その後、本格的にブラインドラグビーに関わるようになった草野さんは、中京大の神宮寺HCと出会い、愛知で「ぶららぐ東海」として練習会がスタートした。2022年3月27日には世界初となるブラインドラグビーの全国大会を控えていた。

 全国大会へ向けて、神宮寺HCはブラインドラグビーでは主流だったタテ突進を重ねるスタイルではなく、ヨコ展開を織り交ぜたスタイルを志向。7人それぞれの役割も明確にした。ディフェンス練習ではゴムのチェーンでお互いを結ぶなど、試行錯誤の連続だった。

「ロービジョンの選手はグラウンドの平衡感覚を掴みづらく、まずディフェンスの練習が難しい。縦と横を揃えるためにゴムのチェーンでお互いを結び、ワンラインでまっすぐ前に出る練習をしました。手首に付けたゴムの揺れで、お互いの距離感などがわかるんです」

「効果的なディフェンスのためにグラウンドは5分割して、1から5の数字を振り分けました。システムとしては『5番にファイヤー(前に出るディフェンス)』『1番にウォーター(スライドディフェンス)』といった具合のディフェンスです」(神宮寺HC)
 
 迎えた3月の全国大会で、メンバー5人が参加した「アプローズ」(愛知・関西・新潟の合同チーム)は見事日本一に。神宮寺HCは優勝監督となった。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。