【ラグビー】男子セブンズ日本代表、ワールドシリーズ通算500試合出場達成するもトゥールーズ初日2連敗(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

ワールドラグビーセブンズシリーズ2022はトゥールーズ大会(フランス)が5月20日に開幕し、男子セブンズ日本代表は初日、プールAで2連敗に終わった。

 日本は初戦で、前・第6ラウンドのバンクーバー大会(カナダ)で優勝したアルゼンチンに挑んだが、5-43と完敗。
 開始15秒で失点したあと、前半4分に石田大河(シャイニングアークス東京ベイ浦安)が1対1を振り切ってゴールに持ち込み、5点を奪い返したが、南米の雄が主導権を握って点差を拡大。
 後半には、昨年の世界最優秀セブンズ選手である22歳のマルコス・モネータが登場して見事なフットスキルも見せ、約5分間でハットトリックを達成した。

 黒星発進となった日本は、2戦目でイングランドと対戦し、10-21で敗れた。
 序盤、第1戦に続いてまたもラインアウト失敗から相手にボールを渡してトライを奪われ、5分にはカウンターラックでターンオーバーとなり、連続失点。
 ハーフタイム前にゴールに迫るも得点できず、0-14で折り返すと、後半2分、ブレイクした相手選手に対して野口宜裕(セコムラガッツ)などがしぶとく食らいついたが、イングランドのサポートは速く、点差は広がった。
 日本は終盤、共同キャプテンのひとりである石井勇輝(シャイニングアークス東京ベイ浦安)が1対1を振り切るなどして2トライを奪い返したが、2連敗となった。

 日本は大会2日目におこなわれるプールAの最終戦でカナダと対戦し、その後は順位決定戦に臨む。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。