【ラグビー】2季連続日本一とリーグワン初代王座を狙うワイルドナイツ、スピアーズを下し決勝進出(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

トップリーグ(前身の国内最高峰リーグ)最終年で5度目のチャンピオンに輝いた埼玉パナソニックワイルドナイツが、2022年に新しく始まったリーグワンの初代王座へ向け、決勝進出を決めた。
 5月22日、東京・秩父宮ラグビー場でおこなわれたプレーオフ準決勝でクボタスピアーズ船橋・東京ベイと対戦し、24-10で制した。

 前日にあった準決勝もうひと試合は、レギュラーシーズンを1位通過していた東京サントリーサンゴリアスが東芝ブレイブルーパス東京を下しており、日本一を決めるファイナルは2季連続で「ワイルドナイツ vs サンゴリアス」となる。

 ワイルドナイツは前半7分、ラインアウトで相手にプレッシャーをかけてボールを奪い返し、LOエセイ・ハアンガナが抜けて大きくゲイン、いったんボールを失ったがノックオンの判定はなく、サポートについていたSH小山大輝からSO山沢拓也にボールはつながり、ゴールに持ち込み先制のトライが認められた。

 対するスピアーズは14分、スクラムで圧力をかけて相手の反則を引き出し、SOバーナード・フォーリーがペナルティゴール(PG)で3点を奪い返す。
 しかし、35分にもモールでゴールに迫ったスピアーズだが、ワイルドナイツが踏ん張り、ブレイクダウンでターンオーバー。今季実戦全勝中である野武士軍団の守りは堅かった。

 その後もスピアーズのゴール前での攻撃は続いたが、37分、SOフォーリーが長いパスで左へ展開しようとしたところ、青いジャージーの14番をつけた竹山晃暉がインターセプトして約90メートル走り切り、ワイルドナイツにとって大きな追加点となった。

 14-3で前半を終える。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。