【ラグビー】「レジェンド」への贈り物。九州電力の最年長、LO浦真人が引退(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

試合を終えたばかりの熊本・えがお健康スタジアム。
 大型スクリーンに、これまでの足跡を振り返る映像が流れた。引退を知らせるアナウンスとともに拍手が起こる。小学校6年生と中学2年生の娘たちが、花束を持ってやってきた。

 九州電力キューデンヴォルテクスの浦真人(うら・まさと)は、幸せな現役最後の時間に恐縮していた。

「震えたよ。まさか、というのが大きくて。色んなすごい選手や先輩がいたけど、グラウンドであんなに盛大に送り出してもらったのを見たことがない」

 驚きすぎて泣く暇もなかった。企画をした仲間達に向かい、190センチ、105キロの体を折り曲げ、頭を下げた。

 入団16年目の38歳。ラグビーで最も大きな選手がやるLOとして「九州の雄」を支え続けた。
「勝手にターゲットを上にしてしまう性格。現状に満足したことがあまりなかった」と自分に厳しく、口数は多くなくとも背中を見せて仲間を引っ張った。
 チーム最年長となってからも数年。2020年には人生で初めて主将(共同キャプテン)を任された。選手生活の晩年も、存在は大きくなるばかりだった。

 そんな「レジェンド」に、クラブ史上最大級の称賛として引退セレモニーが贈られた形だ。

 今季の出場機会が無かったことで引き際を決め、首脳陣には4月初旬に意向を伝えていた。
「試合に出られなくなったら辞めようと。ここ2、3年はずっと思っていた。心に体がついていかなくて、意外とプレーできるな、くらいのところはあったから。若手が出た方がいいと話し合いもして」

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。