【陸上】3000m障害・三浦龍司が見せたハイレベルな「海外仕様」への試金石。「じれったくなっても前に出ない」の意図(BBM Sports)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:BBM Sports

3000m障害の今季初戦として5月8日のセイコーゴールデングランプリ陸上2022(セイコーGGP)に臨んだ東京五輪7位の三浦龍司(順大3年)。レースプランは「ラスト1000mで切り替えて、(ペースを)上げるところまで上げる」というものだった。そして狙い通り、ラスト1000mで先頭に立つと周囲を引き離し、8分22秒25で優勝を遂げた。オレゴン世界選手権の参加標準記録(8分22秒00)をすでに突破済みの三浦にとって、国内第一人者として結果はもちろん今回は内容にこだわったレース。プランも、指導する順大の長門俊介・駅伝監督と決めたものだった。

長門監督はその意図をこのように語る。

「シーズン初戦で本人も障害を越えることに慎重な面もありましたし、東京オリンピックの決勝ではスローな展開で我慢できず(先頭集団の)前に出されてしまったので、今回は“じれったくなっても前に出ないこと。ラスト1000mで思い切り上げていこう”と本人と話をしていました。2000mまで集団の中でもまれながら、いかに走るかを経験する場として、同時にメンタル面でも我慢できるかがテーマでした」

三浦は、昨年からレースの進め方について「”国内仕様“と”海外仕様“の2つがある」という話をよくしていた。前者は前半からイーブンに近いペースで進む展開であり、後者はスローで入りながら、最後に爆発的にペースを上げる展開を指す。東京五輪の予選では後者の”海外仕様“では勝負できないと考え、予選では自ら先頭に立ってほかの選手を巻き込んでハイペースの展開をつくり、8分09秒92の日本記録と決勝進出につなげた。しかし決勝では再度、先頭に出たものの、海外の有力選手はそれに付き合わず、スローな展開で進んだ。その過程で三浦は消耗し、2000mからペースが上がっていくなかで先頭から離されてしまった。

今回のゴールデングランプリで先頭の1000mの通過は2分47秒、1000mから2000mは2分53秒前後とさらにペースが落ちた。先頭集団の後ろに付いていた三浦にしてみればスローに感じるペースである。事実、途中の水濠で一瞬、先頭に出かかる場面もあったが、そこもあえて抑え、狙いどおり、最後にスパート力を発揮して勝負を決めている。

「ラストで逃げ切れてまとめたところは評価したいです。タイムはもっと上を目指していかないといけないですが、(シーズン)初戦なのでこのくらいかな」

レース直後の取材エリアで三浦は納得気な表情を見せていた。

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。