仙台がFE名古屋にリベンジ成功…バーレルら外国籍選手が得点を量産/B2プレーオフ(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

5月21日、「B2 PLAYOFFS 2021-22」のファイナル第2戦が行われ、ファイティングイーグルス名古屋と仙台89ERSが対戦した。

 20日に行われた第1戦は、FE名古屋が81-73で勝利。勝負の第2戦は立ち上がり互角の展開となるも、デビン・オリバーとジャスティン・バーレル、ジェロウム・メインセと外国籍選手が得点を重ねた仙台がリードを奪い、22-19で第1クォーターを終える。

 続く第2クォーターでも引き続き外国籍選手を中心に得点を挙げるが、FE名古屋のインサイドをなかなか止めることができず、36-34とわずかに点差を縮められて前半を終えた。

 ほぼ互角の展開で前半を終えた両チーム。迎えた後半も一進一退の攻防が繰り広げられるが、第3クォーター終盤に野﨑零也やアンドリュー・ランダルに立て続けに加点され、48-51と逆転されてしまう。

 仙台は劣勢に立たされるもバーレルの得点ですぐさまリードを奪い返すと、渡辺翔太の3ポイントシュートやメインセのダンクで点差を拡大。相手の追撃を許さず、仙台が69-64で勝利した。

 仙台はバーレルが26得点、メインセが14得点、オリバーが12得点をマーク。敗れたFE名古屋は、ブライアン・クウェリが17得点、野﨑が12得点を挙げるもあと一歩及ばなかった。

 FE名古屋と仙台の第3戦は、22日15時に行われる。

■試合結果
ファイティングイーグルス名古屋 64-69 仙台89ERS(@名古屋市枇杷島スポーツセンター)
FE名古屋|19|15|17|13|=64
仙台|22|14|12|21|=69

コメントは受け付けていません。