【オークス】桜花賞からウォーターナビレラ、サークルオブライフが軸候補 別路線筆頭はアートハウス(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

桜花賞とオークスの関係は近年変化しつつある。以前は3歳牝馬同士なら距離適性は問われず。なんだかんだと最大目標の桜花賞に出走できた馬の実力が上というスタンスでよかったが、最近は適材適所、“とにかく桜花賞”といった空気が薄まってきた。早くから中距離仕様に育ててきた馬がオークスで適性の差を見せる。過程が大切になる。

【ヴィクトリアマイル 2022予想】デアリングタクト、ソダシら超豪華メンバー! 女王の復帰戦をデータでジャッジ(SPAIA編)

その証拠に桜花賞組が3着以内独占したのは18年アーモンドアイの年が最後。以後は桜花賞組と別路線組の決着が目立つ。それも桜花賞組1頭、残り2頭は別路線という組み合わせが3年続いている。ここではそういった傾向を踏まえ、過去10年間のデータを使用、好走パターンを探っていく。

桜花賞組が以前ほどではないとはいえ、人気別でみると、1番人気【5-2-1-2】勝率50%、複勝率80%、2番人気【1-3-3-3】勝率10%、複勝率70%、3番人気【3-0-1-6】勝率30%、複勝率40%と上位人気は堅実。4番人気以下は横一線で、人気薄が2、3着に滑り込むシーンは頭に入れておきたい。

昨年は3、2番人気でワンツー、3着は16番人気ハギノピリナ。同馬は芝2200mの矢車賞1着からの挑戦だった。また20年13番人気3着ウインマイティーは忘れな草賞1着。穴を狙うなら別路線に目をつけたい。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

                  ザ・シークレット・ホース

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。