【オークス】レースセンス、勝負根性、血統よし! スターズオンアース距離延長歓迎だ(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

3歳牝馬クラシック第2戦・オークス。ほとんどの馬にとって経験がない2400mという長距離が舞台であり、特に桜花賞組にとっては800mもの距離延長という過酷なローテーション。現時点での完成度はもちろんのこと、距離適性にも注意しなければならない難解な一戦だ。

【オークス 2022予想】サークルオブライフ過信は禁物? 別路線エリカヴィータ、アートハウスに好機到来!(SPAIA編)

【忘れな草賞】
週中に降雨がなく、土日ともに速めの馬場状態での開催。さらに、Bコース替わり初週とあって内有利のトラックバイアスも顕著であった。レースは3着馬グランスラムアスクの単騎逃げで前半1000m61.6秒のスローペース。トラックバイアスも考慮すると「内前有利」のレースと評価する。

1着馬アートハウスは馬群の中団で脚をタメ、3角~直線では内をつく形。うまく流れに乗った面は否定できない。グランスラムアスクがスイートピーSで5着と敗れたことからメンバーレベルも高くなかっただろう。

ただ、本馬自身は勝負どころで包まれて、進路を確保したのは残り300m前後でのこと。その後に見せた瞬発力が素晴らしく、ラスト1Fは11.1秒を計時。阪神芝2000m戦でラスト1F11.1以下を計時したのは本レースが5例目で、他の勝ち馬にはアグネスタキオンやラキシスなどG1級の面々が並ぶ。それでいて、勝ち時計自体も忘れな草賞で歴代3位の好時計。展開利を考慮しても、十分に世代上位の評価が与えられる勝ちっぷりであった。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。