【ジロ・デ・イタリア2022 第7ステージ結果速報】クーン・ボウマンが逃げ切り勝利、グランツール初区間優勝&山岳賞首位へ(J SPORTS)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:J SPORTS

ディアマンテからポテンツァまで196kmの丘陵ステージ、累計獲得標高は4510m、上りと下りしかない。アクチュアルスタートでシルヴァン・モニケ(ロット・スーダル)が飛び出すもすぐに吸収、次に抜け出したのはトーマス・デヘント(ロット・スーダル)、50秒ほどタイムギャップをつけたものの追いつかれ、その後もマチュー・ファンデルプール(アルペシン・フェニックス)やリチャル・カラパス(イネオス・グレナディアーズ)のアタックは決まらずに、スタートから最初の30分の平均時速は49.2km/hと高速でレースは進む。

最初の峠で6人の選手が抜け出すことに成功、ワウト・プールス(バーレーン・ヴィクトリアス)が追い抜き山頂を先頭通過、ダウンヒルでメイン集団とのタイム差はほとんどなくなり、1級モンテ・シリーノで飛び出したダヴィデ・フォルモロ(UAEチームエミレーツ)、ダヴィデ・ヴィレッラ(コフィディス)にクーン・ボウマン(ユンボ・ヴィスマ)とプールスが追いつき、さらにトム・デュムラン(ユンボ・ヴィスマ)、ディエゴ・カマルゴ(EFエデュケーション・イージーポスト)、バウケ・モレマ(トレック・セガフレード)が合流、強力な7選手での先頭グループが形成され、ボウマンが山頂を先頭通過。

2級グランデ・ディ・ヴィッジャーノでプールスはついていけなくなり、落車したヴィレッラもバイク交換や調整を繰り返し後ろへ下がっていった。ボウマンが再び山頂を先頭通過、ダウンヒルが終わるとメイン集団はイネオス・グレナディアーズがペースをあげ、3分半遅れて3級セッラータへ。先頭グループではカマルゴが遅れ、デュムラン、ボウマン、モレマ、フォルモロが脚を削り合うタフな仕掛け合いが続く。ボウマンが山頂先頭通過で山岳ポイントを68に伸ばし山岳賞首位へ。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。