J1磐田 ルヴァン杯1次リーグ突破のかかる大一番へ、DF袴田裕太郎「必ず勝利を手に」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

ルヴァン杯1次リーグ(L)最終節が18日に開催される。D組3位のジュビロ磐田は、湘南と対戦(午後7時・レモンS)する。16日は大久保グラウンドで練習を行った。勝てば自力での1次L突破のかかる大一番へ、3バックの左で先発出場が濃厚なDF袴田裕太郎(25)が「ゴール、アシスト、無失点」を目標に掲げ大暴れを誓った

 磐田の“ニューヒーロー”は俺だ。小雨が降りしきる中、DF袴田が約1時間の全体練習でトレードマークのブロッコリーヘアをなびかせながら、ミニゲームでは3バックの左で軽快な動きを見せた。勝利が絶対条件の湘南戦へ「個人としてもチームとしても大きな一戦。必ず勝利を手にして一つ上のステージに進出する」と闘志を燃やした。

 今季は横浜FCから加入も、リーグ戦は途中出場が1試合のみ。ルヴァン杯は開幕戦から3試合フル出場も、3月の福岡戦(1〇0)を最後に出番がない。勝ち点3へと導くプレーで猛アピールが必要だ。持ち味の精度の高い利き足の左のキックを存分に生かし「クロスからのアシスト」。さらに隙があれば最終ラインからオーバーラップを仕掛け「得点」を狙う。

 一緒に苦しい時間を過ごした仲間の活躍に刺激を受けている。前節(14日)のリーグFC東京戦(2〇1)で決勝ゴールを決めたMF鹿沼直生(24)は、ルヴァン杯での活躍が認められ、さらにリーグ戦で戦えることを証明した“下克上組”の一人だ。そんな姿をベンチ外で見ていた背番号26は「次は自分がその立場になれれば」と鼻息を荒くした。

 3季ぶり1次L突破へ伊藤彰監督(49)は「スッキリ勝つ」と宣言。さらに「(ルヴァン杯で)若手が成長して、リーグ戦で勝ち点をつかんでいる」と強調。「結果が全て」と目を光らせる袴田がアグレッシブなプレーで、敵地から勝利とヒーローの座を持ち帰ってくる。(森智宏)

 〇・・・MF山田大記(33)がチームに完全合流した。4月20日の練習中に左大腿(だいたい)二頭筋肉離れで別メニュー調整が続いていたが、16日の全体練習からフルメニューを消化。ミニゲームではゴールを決めるなど「けがの所は怖さなくプレーできている」と状態も上向きだ。伊藤監督のサッカーについては「攻守でシャドーのポジションは肝になる」と話し「いい景色を皆様に見せられるようにしたい」と万全な状態でピッチに帰ってくることを約束した。

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。