【ラグビー】「すぐそばに、傷ついている人がいる」。勝利の瞬間に見えた徳。クウェイド・クーパー[花園近鉄](ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

託されたボールをリラックスしてキックアウト。長い長い戦いが終わった。5月8日、花園近鉄ライナーズと三菱重工相模原ダイナボアーズのゲームは34-22でノーサイド。この瞬間、花園Lが、来季リーグワンのディビジョン1への昇格を決めた。2017年シーズン所属以来の最高峰リーグ復帰となった。

 異変があった。ボールを蹴り出したSOクウェイド・クーパーはオーストラリア代表75キャップ、世界有数の10番だ。駆け寄るチームメートを笑顔で受け止めた。しかしその後、周りを両手で制して「落ち着け」と、冷静な表情でメッセージを発した。

「叫んだり、飛び上がったり、水をぶちまけたり、そういうことはしないでおこうと伝えました。旅は終わってない、これが旅の始まりだろう?」

 約1時間後、会見室に現れたクーパーは、グレーのバケットハットの短いつばの向こうから記者たちの目を見据えて、静かに話した。

 トップリーグ2020から3シーズンをかけて果たした昇格。今季は大黒柱のクーパー自身にケガもあった。相模原DBとはシーズン三度目の対戦。これまでの2戦では敗れている。1月10日の開幕戦は14-25、3月12日のホーム戦は10-15の激しいゲーム。そして自動昇格のかかった三度目に勝った。その試合がシーズン最後の80分になった。喜びが爆発して当然の瞬間だっただろう。

 それを一人で抑え込んだ。スポーツ指導者ならリスクを背負うアクションだ。選手が最も嫌がることの一つは感情を強制されること。うれしい、悔しい、悲しい気持ちを押さえつけられたら、選手はだいたい反発する。かつて「天才」と「悪童」の両方のニックネームを欲しいままにしたクーパーだ。その気持ちは重々知りながら、それでも周りを諌めた。

 この日プレーヤー・オブ・ザ・マッチを獲得した片岡涼亮からは「パパ」と呼ばれる別格のリーダーだ。チームメートには惜しみなくアドバイスを授け、厳しい指摘も厭わない。成長のために真剣に親身になってくれる存在は昨夏、さらにオーラを増した。4年ぶりにオーストラリア代表に招集され、低迷していたワラビーズを蘇生させた。南アフリカを28-26で破ったゲームで活躍、その後の欧州遠征にもリクエストが入った。しかし、クーパーはライナーズとの契約を優先してさらっとこのオファーを蹴った。仲間はもちろん、東大阪市民のハートをわしづかみにする決断だった。

 そして5月8日、悲願成就の瞬間に出たとっさのリアクションで、チームの歴史になった。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。