【相撲編集部が選ぶ夏場所3日目の一番】琴ノ若、御嶽海を破り大関3連破(BBM Sports)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:BBM Sports

琴ノ若(突き落とし)御嶽海

2日目にして三役以上の全勝が消えたが、平幕の全勝は琴ノ若、玉鷲以下全部で9人。その中でも自己最高位の2枚目に躍進した琴ノ若は貴景勝、正代の両大関に連勝し、3日目は御嶽海との対戦を迎えた。

【相撲編集部が選ぶ夏場所3日目の一番】若隆景、朝乃山破り大関戦2勝目

過去の対戦は1勝1敗で、先場所は14日目に琴ノ若が優勝争い生き残りを懸けた相撲に寄り切りで勝利している。御嶽海としては先場所の借りを返すとともに3大関総なめだけは阻止したいところだ。

立ち合い、頭から当たってモロ差し狙いの御嶽海。琴ノ若は右をのぞかせるとすぐに肩透かしを引いて右に回り込む。さらに右をこじ入れ、左上手を取りかけたが、御嶽海はこれを振りほどいて逆襲。右ハズ押しから低く攻め込むと、琴ノ若は右に回り込みながら右から突き落とし。琴ノ若が土俵を割るのと御嶽海が落ちるのがほぼ同時に見えたが、木村玉治郎の軍配は御嶽海に上がった。

すぐに物言いがつき、長い協議の末、佐渡ケ嶽審判長(元関脇琴ノ若)が場内説明。「行司の軍配は御嶽海に上がりましたが、琴ノ若のカカトが残っており、行司軍配差し違いで琴ノ若の勝ちといたします」。

スローで見ると、御嶽海が落ちるのと琴ノ若の左足が土俵外につくのがほぼ同時も、その前に御嶽海の体が飛んでいるので、妥当な判定か。佐渡ケ嶽親方も自分の弟子で、しかも息子の相撲を判定しなければいけないのは、つらい立場だ。「息子を贔屓している」と思う人もいるかもしれないが、この相撲に関しては正しいと思う。

前日の正代戦に続いて際どい勝負をものにし、大関戦3連勝とした琴ノ若は、「土俵際ギリギリだったんですけど、何とか残せてよかったです。足が俵の上にあったのはわかったんですけど、どういう結果になろうと気持ちを切らさないようにしました」と取り直しも想定していた。

相撲内容は決して褒められないが、「体がしっかり動いてくれていると思います」と好調の要因を語る。4日目は横綱照ノ富士と対戦。「自分の相撲を取るだけなので、思い切って取れればいいと思う」と気合を入れていた。今場所の台風の目となりそうだ。

文=山口亜土

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。