琉球ゴールデンキングスが4強一番乗り…初出場の秋田ノーザンハピネッツはQF敗退/BリーグCS(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

5月14日に沖縄アリーナで「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」クォーターファイナル第2戦が行われ、西地区1位の琉球ゴールデンキングスがワイルドカード下位の秋田ノーザンハピネッツと対戦した。

 セミファイナル進出に王手をかける琉球は第1クォーターで2点のビハインドを背負ったものの、第2クォーターをわずか9点に抑えることに成功。小野寺祥太が3本、岸本隆一が2本の3ポイントシュートを沈めるなど、一挙29得点を積み上げた。

 第3クォーターは秋田の反撃に遭ったが、第4クォーターで再び1ケタ失点。今村佳太や小野寺を中心に得点を重ね、77-56で勝利を収めた。

 一足先にクォーターファイナル突破を決めた琉球は、ベンチスタートの小野寺が14得点の活躍を見せたほか、アレン・ダーラムと今村がともに12得点、ジャック・クーリーが10得点9リバウンド、並里成が11得点をマーク。初出場でクォーターファイナル敗退を喫した秋田は、古川孝敏が古巣相手に15得点を挙げたが、チーム全体の3ポイントシュート成功率がわずか18.8パーセントにとどまった。

■試合結果
琉球ゴールデンキングス 77-56 秋田ノーザンハピネッツ(@沖縄アリーナ)
琉球|16|29|14|18|=77
秋田|18|9|23|6|=56

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。