【富山vs宇都宮】今季初の4連勝を飾った富山、ホームで宇都宮の堅守を攻略できるか(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

■富山グラウジーズ vs 宇都宮ブレックス(@富山市総合体育館)
第1戦:4月16日18時5分 第2戦:4月17日13時5分

 西地区8位の富山グラウジーズは4月9、10日の第30節で三遠ネオフェニックスを連破し、今シーズン初の4連勝を飾った。第1戦ではブライス・ジョンソンとジョシュア・スミスがともに20得点を超える活躍を披露し、92-80で勝利。翌日は前半終了時点で7点のビハインドを背負ったが、後半だけで53得点を奪って93-86で逆転勝ちした。

 対する東地区4位の宇都宮ブレックスは、第30節の茨城ロボッツ戦に続いて13日の川崎ブレイブサンダース戦も新型コロナウイルスの影響で中止となったため、今節が10日ぶりの実戦となる。試合勘の欠如が心配されるが、この期間で休養できたことをプラスに捉えて心機一転富山戦に臨みたいところだ。

 富山は連勝を飾った4試合すべてで90得点を超えており、攻撃が好調と言えるが、宇都宮は1試合平均70.0失点とB1屈指のディフェンス力を誇る。チームの得点源であるジョンソンやスミスへの激しいマークが予想されるため、宇都直輝や好調を維持している上澤俊喜が臆することなく積極的にシュートを放つ姿勢を見せたい。

 宇都宮は32勝14敗でワイルドカード1位。チャンピオンシップ進出圏内だが、上位3チームへ圧力をかけるためにも勝利したいところ。勝利へは武器の激しいディフェンスを披露することはもちろん、比江島慎ら日本人選手がどこまで得点を伸ばせるかがカギになるだろう。

 文=大橋裕之

■ロスター
・富山(HC:浜口炎)
小野龍猛
山口祐希
飴谷由毅
野﨑由之 ※特別指定
ブライス・ジョンソン
阿部友和
水戸健史
上澤俊喜
宇都直輝
松井啓十郎
上田隼輔 ※特別指定
ドワイト・ラモス
ジュリアン・マブンガ
晴山ケビン
ジョシュア・スミス

・宇都宮(HC:安齋竜三)
田臥勇太
比江島慎
テーブス海
遠藤祐亮
竹内公輔
荒谷裕秀
渡邉裕規
鵤誠司
チェイス・フィーラー
喜多川修平
ジョシュ・スコット
アイザック・フォトゥ

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。