【桜花賞】壊滅フィリーズレビュー組だがナムラクレアは勝機あり ローテに見られる特徴は(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

今週末に行われる牝馬クラシック第一冠・桜花賞。今年はナミュール、サークルオブライフを中心とするチューリップ賞組が実力、人気とも中心を担いそうだ。ローテーションに見られる特徴を分析する。

【桜花賞 2022予想】1番人気苦戦でナミュールに黄信号!? データ微笑むサークルオブライフ、ナムラクレア反撃へ(SPAIA編)

「間隔を空けたローテ」が合言葉となる近年、桜花賞も例外ではない。昨年は阪神JFから直行の2頭がワンツー、20年は2月のエルフィンSを勝ったデアリングタクトが勝利。トライアルを叩いて本番を勝ったのは5年前のレーヌミノルまでさかのぼる。

やはり、ゆとりを持っての出走が好ましく、とりわけ「前走が阪神JFで連対」だと過去10年で【1-2-0-0】。まずはラブリイユアアイズが浮上する。

チューリップ賞組は【5-7-6-29】でもちろん存在感の大きいステップながら、最近は勢いがなく、可もなく不可もなし。

ほぼ壊滅状態のフィリーズレビュー組【1-0-2-49】は、そこで2番人気以下だと【0-0-0-45】、3着以下だと【0-0-0-33】。消してもいいと思われそうだが、実はこの2つを回避する「1番人気で連対した馬」は【1-0-2-1】とむしろ好走率が高い。今年はここにナムラクレアが合致。“あえて”フィリーズレビュー組から買うという選択もアリだ。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。