【AI予想回顧】G1は3週連続で波乱の決着 桜花賞はスターズオンアースが接戦を制する(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

先週末は牝馬クラシックの桜花賞(G1・芝1600m)が行われたほか、ニュージーランドT(G2・芝1600m)、阪神牝馬S(G2・芝1600m)と3重賞が行われた。AI予想エンジンKAIBAの本命馬の結果について振り返る。

【桜花賞 2022予想】1番人気苦戦でナミュールに黄信号!? データ微笑むサークルオブライフ、ナムラクレア反撃へ(SPAIA編)

桜花賞でAIが本命に抜擢したのはサブライムアンセム。過去3年の阪神芝1600mにおいて「ロードカナロア産駒×牝馬」が単回収率378%と好成績だったことに加え、過去10年の桜花賞では「サンデーR」「ノーザンF生産」が活躍していた点にも期待してだった。

好スタートからハナを切ったのは、抽選を突破しての出走だったカフジテトラゴン。2番手にウォーターナビレラと続く。本命のサブライムアンセムは中団馬群の中からレースを進めた。

前半800mは12.4-10.8-11.4-12.2(46.8)。3~4角中間地点を通過するころには先頭から最後方まで一団となり、最後の直線へと差しかかった。

残り200mでウォーターナビレラが抜け出すが、その後ろはずらっと横並びで混戦模様。そこから馬群をこじ開けてゴール前ウォーターナビレラに襲いかかったのはスターズオンアースだった。最後の最後でハナ差捉え、桜の女王に輝いた。

内を通った先行馬有利の馬場状態を生かし、完璧な乗り方をしたウォーターナビレラだったが、結果は悔しい2着。同じく4番手からロスなく立ち回ったナムラクレアが3着だった。

サブライムアンセムは横に広がった馬群の一角から雪崩れ込んだ格好だったが、勝ち馬から0.2秒差の9着と予想的中とはならず。また1番人気ナミュールは10着、2番人気で2歳女王のサークルオブライフは4着と、G1は3週連続で波乱となった。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪護髪素(滋養修護)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用のコンディショナーです。
防掉髮洗髮露(強靭配方)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。