【フローラS】良血馬のラスールが1週前追い切りで上々の動き 宮田調教師「これでまた一段上がってくれれば」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆フローラS・G2(4月24日、東京競馬場・芝2000メートル)1週前追い切り=4月14日、美浦トレセン

【データで見る】ラスールの血統、戦績

 定年で解散した藤沢和厩舎からの転厩初戦を迎えるラスール(牝3歳、美浦・宮田敬介厩舎、父キタサンブラック)が、Wコースで上々の動きを見せた。7日に放牧先の福島・ノーザンファーム天栄から帰厩して、Wコースでの初時計をマークした。

 内セラフィナイト(4歳1勝クラス)を2馬身後方から追走して、道中は少し行きたがる面も見せながら、直線では外に回してゴーサインが出るとスムーズな伸び脚。5ハロン68秒6―11秒9で強めに追って併入に持ち込み、メリハリの利いた走りを見せた。

 もともと反応が良すぎるタイプなため、この日はマイルから2000メートルへ距離延長することを踏まえてメンコ(覆面)を着用。宮田調教師は「2000メートルを使うので、メンコを着けさせてもらったが、今日の感じはいいですね。普段から乗り慣れている杉原騎手(レースはルメール騎手)に乗ってもらって、『雰囲気は非常にいい』と言ってもらえました」と、うなずいた。17年の日経賞など重賞3勝を挙げたシャケトラの半妹という血統で、陣営の期待は大きい。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。