【阪神】藤浪晋太郎、伊藤将司、江越大賀が新型コロナ感染 馬場皐輔と山本泰寛も濃厚接触の疑いで自主隔離(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 中日1X―0阪神=延長10回=(13日・バンテリンドーム)

 阪神は13日、藤浪晋太郎投手(28)、伊藤将司投手(25)、江越大賀外野手(29)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。馬場皐輔投手(26)と山本泰寛内野手(28)も濃厚接触の疑いがあったため自主隔離。12日に出場選手登録を抹消した江越以外に、新たに4選手を感染拡大防止の「特例2022」対象選手として抹消した。

 12日に、発熱者との接触があった江越が隔離され、兵庫・西宮市内の病院でのPCR検査で陽性判定。これを受け、同日の中日戦(バンテリンD)後に1軍全員がPCR検査を受けた。藤浪と伊藤将の感染が判明し、13日の先発が予告されていた伊藤将は登板を回避し、小川が急きょ先発。藤浪も14日に先発予定だったが、ドラフト3位・桐敷=新潟医療福祉大=が代役を務めることになった。

 現在、江越は発熱と頭痛の症状を訴え、藤浪と伊藤将は無症状。加治屋、石井、尾仲が代替指名選手として出場選手登録された。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。