【ロッテ】佐々木朗希、異例のローテでシーズン投げ抜く 酷使回避へ1か月おきに抹消(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

ロッテの佐々木朗希投手(20)が“進化ローテ”でシーズンを投げ抜く。井口監督は13日、今後の起用方針について「先発全員だけど、1回休ませたりとかを考えながら。(朗希に関しては)1か月単位でやっていきたいなと思ってる」と明かした。

 10日のオリックス戦(ZOZO)で史上16人目となる完全試合を達成した佐々木朗。今季は中6日でのフル回転が期待されているが、まだ体は発展途上。疲労や故障を防ぎ、トレーニングも含めながらメリハリをつけた起用で成長も促す方針とみられる。

 チームには1軍のローテで回る石川、小島、美馬、朗希、ロメロに加え2軍には本前や河村、森らの若手も控える。2年目の中森も急成長中で、さらにはこの日、種市がイースタン・リーグで復帰登板。先発陣の頭数にゆとりがあることから酷使を避けた起用が可能な状況だ。

 指揮官は「もちろん控えの先発の仕上がり具合を見ながら。雨でどう飛ぶかというのもあるのでそれも踏まえながらローテを」としたが、佐々木朗は基本的に中6日で登板し、5月頃に一度抹消などで体を休める可能性が高い。さらに進化しながら朗希が勝ち星を重ねていく。(小田原 実穂)

コメントは受け付けていません。