SFで悔しい連敗を喫した宮崎早織「自分の不甲斐なさを感じた」/WリーグPO(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

4月10日、国立代々木競技場第二体育館(東京都)で第23回Wリーグプレーオフのセミファイナルが行われ、ENEOSサンフラワーズ(レギュラーシーズン1位)は富士通レッドウェーブ(同6位)と対戦した。

【動画】渡嘉敷来夢の前半終了時のブザービーター!

 前日に行われた第1戦に58-67で敗れたENEOSは続く第2戦、4-19で第1クォーターを終えることに。それでも、10点差に縮めて後半を迎えると、試合終盤には5点差まで詰め寄る。しかし、最後まで逆転には至らず、53-61で2敗目を喫し、ENEOSは今シーズンを終えた。

 宮崎早織は試合後の会見で「ただただ自分の力不足だなと思っています」と厳しい面持ちで語った。

「一番強いところのインサイドの選手に、自分が確実にパスが出せなかったです。渡嘉敷(来夢)選手や梅沢(カディシャ樹奈)選手のところで得点が取れなかったのは自分の責任だなと思います。若い子たちも頑張ってくれてましたけど、自分も得点を取りに行くべきでしたし、大事な場面でターンオーバーが6回と、自分のミスが目立った試合だったと思います」

 宮崎は第1戦で7得点6リバウンド12アシストに加え7つのターンオーバー、第2戦でも7得点5リバウンド7アシスト3スティールと6つのターンオーバーを記録。司令塔として十分な活躍を残しつつも、宮崎は自身のターンオーバーの多さを悔いた。

 昨年の東京オリンピックに始まり、アジアカップと代表活動にも積極的に参加してきた宮崎。短いオフシーズンを過ごし、疲労の蓄積もあったはずだが「コートに立っている以上、それは言い訳にならないです。いろんな経験をさせてもらった年だったので、また大きな舞台でその経験を生かしたかったですけど、それができず本当に申し訳ない気持ちです」と結果を真摯に受け止めた。

 会見では悔しさが溢れ、涙ぐむ場面もあったが「自分の不甲斐なさを感じた苦しいシーズンでした。もっともっと努力し続けていかなきゃいけないなと思っています」と前を向いた。

 休まず走り続け、多くの貴重な経験を積んだ宮崎。今回の悔しい経験も含めて、成長の糧にしていくだろう。

コメントは受け付けていません。