直近23シーズンでわずか2度目…イーストのチームがウェストとの戦績で勝ち越しに成功(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

2021-22レギュラーシーズン最終日となった4月11日(現地時間10日、日付は以下同)。NBAでは全30チームが試合を行ない、最終順位やスタッツリーダーズなどが確定した。

【動画】昨季プレーオフのトップ10プレー集!

 そしてこの日、アトランタ・ホークスが130-114でヒューストン・ロケッツを、ボストン・セルティックスが139-110でメンフィス・グリズリーズを、シカゴ・ブルズが124-120でミネソタ・ティンバーウルブズをそれぞれ撃破。この結果によって、今季はイースタン・カンファレンスに所属するチームがウェスタン・カンファレンスとの試合で226勝224敗(勝率50.2パーセント)とし、シーズン勝ち越しを決めた。

 西高東低と言われる現代NBAにおいて、イーストのチームは1999-2000シーズン以降負け越しが続いており、今季までの23シーズンでウェストのチーム相手に勝ち越すことができたのは08-09シーズンの231勝219敗(勝率51.3パーセント)に次いで今季が2度目。

 今季イーストでウェスト相手に勝ち越したのは計9チーム。フィラデルフィア・セブンティシクサーズの19勝11敗を筆頭に、マイアミ・ヒートとセルティックス、ミルウォーキー・バックス、トロント・ラプターズがそれぞれ18勝12敗という好戦績をマーク。

 一方、ウェストでイースト相手に勝ち越したのは計8チーム。フェニックス・サンズが25勝5敗と圧倒し、グリズリーズとゴールデンステイト・ウォリアーズがそれぞれ20勝10敗と大きく勝ち越すも、全体ではわずかに及ばず負け越しとなった。

 もっとも、西高東低とはいえ、ウェストのチームが毎年NBAチャンピオンになっているわけではない。昨季までの3シーズンでは19年にラプターズ、20年にロサンゼルス・レイカーズ、昨季はバックスが制しており、イーストとウェストのチームが交互に制している。

 はたして、17日から幕を開けるプレーオフではどんな展開が待ち受けているのか。今季の覇権争いの行方にも注目していきたい。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。