米専門誌が選ぶ25歳以下のオールNBA…今季不出場ザイオンの評価はいかに(バスケットボールキング)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:バスケットボールキング

レギュラーシーズンを終えた2021-22シーズンのNBAは、才能のある若手にとって実りのある1年となった。ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ)は一躍リーグのベストプレーヤーの1人として頭角を表し、ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)はポストケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)の地位を確固たるものにした。

 ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)については言うまでもないが、今年はルーキーも上々の成績を残しており、彼らの中から未来のスターが生まれることは容易に想像がつくだろう。

『The Athletic』のジェームズ・エドワーズ3世とマイク・ヴォルクノフは、素晴らしい1年を過ごした若手を讃え、25歳以下のオールNBAを編成した。基準は至ってシンプルで、来シーズン開幕までに25歳以下であること、そして今シーズンの成績を考慮しつつ今後の活躍も期待できる選手が条件となっている。

 まずは、2人の編成から。(★はスターター)

■ジェームズ・エドワーズ3世
ガード:ルカ・ドンチッチ(★)、ジャ・モラント(★)、トレイ・ヤング、ラメロ・ボール、ケイド・カニングハム、ダリアス・ガーランド
ウイング:ジェイソン・テイタム(★)、ブランドン・イングラム(★)、シェイ・ギルジャス・アレクサンダー、アンソニー・エドワーズ
ビッグマン:バム・アデバヨ(★)、エバン・モブリー、ジャレン・ジャクソン・ジュニア、ザイオン・ウィリアムソン、スコッティ・バーンズ

■マイク・ヴォルクノフ
ガード:ルカ・ドンチッチ(★)、ジャ・モラント(★)、トレイ・ヤング、ラメロ・ボール、ケイド・カニングハム、ダリアス・ガーランド
ウイング:ジェイソン・テイタム(★)、シェイ・ギルジャス・アレクサンダー、アンソニー・エドワーズ、スコッティ・バーンズ、デズモンド・ベイン
ビッグマン:バム・アデバヨ(★)、ザイオン・ウィリアムソン(★)、エバン・モブリー、ジャレット・アレン

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。