【巨人】大勢が球団新人最多の8セーブ目 丸佳浩が3戦連発の5号逆転3ランで連勝(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人4―3DeNA(13日・那覇)

 巨人は丸が3回に3試合連続本塁打となる殊勲の逆転3ラン。このリードを先発メルセデスから5人の投手リレーで守り切り、DeNAを下した。

 巨人は1点を追う3回、1死から若林、ポランコの連続安打で一、二塁とし、この日も4番に入った坂本は一邪飛に倒れたものの、5番・丸が右翼席へ5号3ランを放り込んで、逆転に成功した。

 4回に嶺井の中前適時打で1点差に迫られたが、その裏すぐに突き放す。ウォーカー、大城の連続安打で2死一、二塁とし、岡本に代わって三塁を守る若林が詰まりながら左前へタイムリーを放って、4―2とリードを広げた。

 守っては6回にソト、宮崎の連打で無死二、三塁とされたところでメルセデスから畠にスイッチ。嶺井のこの日2本目のタイムリーで再び1点差とされたが、その後は今村、鍬原、大勢とつないでDeNAの反撃を許さず、逃げ切り。9回を3人でピシャリと抑えた大勢は球団新人最多の8セーブ目。初めて行われた沖縄・那覇での2連戦を連勝して、首位の座を守った。

コメントは受け付けていません。